すべての人に美しい運河を!車椅子のまま乗れるゴンドラが誕生(ヴェネツィア)

水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。

歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わうことができません。

「ずっと歯がゆい思いだった」

しかしゴンドラは縦に長く狭いため、車椅子の人は乗車ができませんでした。代々続くゴンドラ乗りの4代目、Alessandro Dalla Pietàさんは、ずっとそんな様子を見て歯がゆい思いをしてきたそうです。

そこでPietàさんは一念発起。資金を集めて、車椅子でも乗れるゴンドラを作り上げたのです。その名も「Gondolas4All」。

ーー すべての人に、ゴンドラを。

資金繰りには
4年の歳月

開発は、決して平坦な道のりではありませんでした。政府やホテルのオーナーから投資を受けましたが、平行して行っていたクラウドファンディングはうまくいかず、結局は銀行からお金を借りて、合計12万ユーロ(約1,500万円)を調達。

4年の歳月を経て、昨年4月にようやくゴンドラが完成し、ヴェネツィアの水路へと漕ぎ出しました。

このゴンドラが
街を解放してくれた

おかげで、これまでゴンドラに乗ることができなかった人たちも大喜びの様子。

このプロジェクトに2万ユーロ(約240万円)を出資したホテルのオーナーは、実は脊髄性筋萎縮症で娘さんを亡くしており、多くのアクセサビリティに特化した観光サービスを提供しているそう。

彼は、今回の大きな反響について、こう語ります。

「私のホテルに泊まったたくさんのお客様が、ゴンドラに乗りたいとは思いながら、これまでは諦めてきました。しかし、もう諦める必要はないのです。ヴェネツィアの最も美しい景色は、水上からの眺めです。このゴンドラは、この街を解放したのです」

Licensed material used with permission by Gondolas4all Onlus
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
航空機の座席に直接接続できる「車椅子」のデザインが「European Product Design Award」で2019年の「Emerging Prod...
イギリス・ポーティスヘッドのブライダルショップに飾られた、車椅子の花嫁用のウェディングドレス。これを撮影したBeth Wilsonさんが写真付きでTwit...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
まるでルービックキューブのような形をした新しいキューブ型デバイス「WOWCube」が発表され、ありそうでなかったこの革新的なデバイスに大きな注目が集まって...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
車椅子の人にとって、砂利道やでこぼこした山道などは身体に伝わる振動が大きく負担になります。日常生活を送るにも、ちょっとした段差や整備されていない道などを移...
車椅子などの理由で振袖や袴を着られない人々のため、特殊な簡易着物を提供している「明日櫻」。パラリンピックカヌー選手である瀬立モニカさんも、成人式でこちらの...
決して、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが極上のミステリーを繰り広げるわけではない。それでも、Oliver Astrologo氏が撮影した映像は...
応援購入サービス「Makuake」に、8in1の多機能シャベル「wild 8」が登場。アウトドアユースや防災用にひとつもっておいて損ナシの一品。
車椅子で生活をするKamden君と、彼を特別扱いせず接するPaul君。2人は大親友。Kamden君が自分の車椅子を不便そうに扱っているのを見たPaul君は...
「東洋のベネチア」と形容される中国の蘇州市に新たにオープンした「Loong Swim Club」。子どもから大人まで楽しめる空間をとの想いが存分に込められ...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
デンマークを拠点とする非営利団体「GreenKayak」が提供するアクティビティ。内容は、運河や川に落ちているゴミをカヤックを漕ぎながら拾うというもの。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
11月10日から山梨にある「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」に、スキー場のゴンドラを再利用したプライベートオフィス「テレワークゴンドラ」が登場する。
「Apple」は先日、この秋新たに追加予定の絵文字を発表した。さまざまな肌色を組み合わせた“ふたり組”の絵文字だったり、車椅子や白杖などを使う障害者を表し...
東京都内で次々と誕生しようとしているのが、障害のある子もない子も一緒に遊べる公園。来年4月の設置完了に向けて整備が進む「都立砧公園」をはじめ、都は公園のバ...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...