「お風呂ボート」に乗り込んで、オランダの運河をぬくぬくとゆく。

一見浸水しているように見えるけど、そうじゃない。これはオランダ生まれのお風呂ボート、その名も「HotTug」。お風呂に浸かりながら運河を進み、街を観光できるというものなんだとか。

開発者曰く、

これはボート以上の存在だよ!湯船をお湯で満たすと、もはや自分と運河の間にはボートの縁だけになって、周りの景色と自分が一体化したような感覚になれるんだ。

とのこと。次世代観光ツールとしてメキメキ頭角を現しているらしい。

ドリンク片手にゆるりと進む
優雅な新発想

Photo by HotTug

数人で脚をのばしても余裕のある船内では、水面の高さが内と外であまり変わらず、目線的にはまさに「運河との一体化」。でも水温は運河と違い、薪ストーブによって約38度に保たれているので快適だ。

電動なので、せっせと手で漕ぐ必要はナシ。飲み物も持ち込み可能。

実際に使うと、こんな感じ
 

Photo by HotTug
Photo by HotTug

まさに納涼船ならぬ納暖船

雪積もる街角を悠々と進むその姿は、注目されても仕方ない(笑)。

Photo by HotTug
Photo by HotTug

みんなでワイワイ入るのもまた一興。

Photo by HotTug

気分が高まりダイブ!汚れても戻る先はお風呂なので大丈夫…なのか?

Photo by HotTug

お風呂大好き国家日本に
進出する日も近いかも

Photo by HotTug

見た目で注目を集め、イギリスやアメリカにも広まりつつあるというHotTug。大都市ロンドンにも進出したというし、東京の海沿いで見かけるようになる日も近いかもしれない?

ちなみに、欧米ではすでに個人でも買える模様。お値段約280万円。開発元は、「そのうちレンタルステーションを作れたらいいな」という所存らしい。個人的には挑戦するなら断然そっちだなぁ。

気になった人、自家用に挑戦したい人はFacebookオフィシャルサイトをチェック。

Licensed material used with permission by HotTug
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...