薪でお湯が沸かせる「ポータブルお風呂」がかわいい〜!

どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。

お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問題ありません。四本足もキュート。

薪をくべてお湯を沸かす!
ゆっくり温泉気分が味わえる。

ポータブル風呂

ビーチに持って行けば、海から移動せずにそのままどぼん。冷えた体を暖めつつ、ほっと一息つけます。

庭 携帯できるお風呂

庭に置けば、いつでも露天風呂に入れます。

薪の風呂 持ち運び風呂

子どもたちも喜びそう。

車で運べる風呂

車に積んでどこへでも行けるし。

自転車で運べる風呂

頑張れば自転車でも牽引できる!

ポータブル風呂 

ワイルドなアウトドアデートにもいいかも? 暑いときには冷たい水でプールにしてもいいですしね。

薪風呂 ポータブル風呂

ちゃっかりドリンクホルダーとテーブルも。結構広々しています。

カップ型だけじゃない!

持ち運べるバスタブ

カップルが向い合って足をまっすぐ伸ばせる長細いバスタブ「Dutchtub Loveseat」。

持ち運び可能 桶風呂

ウッディーな囲いで桶風呂気分?「Dutchtub Wood」。

煙や風の対策に、
アタッチメントも充実!

ポータブル風呂のパーツ

左上:お湯の保温用フタ。
右上:煙対策のための煙突ストーブ、灰皿付き。
左下:風対策付きのストーブと熱気を閉じ込めるフライパン型のフタ。
右下:コイル型ストーブ、灰皿つき。

カップ型の「Dutchtub Original」は、ひとつ5,195ユーロ(約60万円)。頑丈にできていて、重さは75kg。サイズは260cm x 170cm x 84cm。そのほかの型も「Weltevree」で購入できます。発送はベルギーとオランダにのみ対応しているようですが、見ていてニヤニヤしちゃいますね。

デザイン自体は、Floris Schoonderbeek氏が2002年にすでに発表していたものでしたが、カラーやシェイプなどのバリエーションがいつの間にか盛りだくさんに。ほかにも埋込み型野外冷蔵庫などおもしろアイテムが紹介されているので、気になった人は彼のwebサイトをぜひ覗いてみて!

Licensed material used with permission by Weltevree
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
たぶん、史上最高のバスタイム。
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのユーチューバー兄弟の動画をご紹介。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。