夏のアウトドア遊び!「定番」に飽きた人にこそ知ってほしいアイテム6選【まとめ】

夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるかも!

ここで紹介するのは、ちょっとしたお出かけやアウトドアのアクティビティを充実させてくれそうな、話題のアイテムたち。見た目のインパクトがすごいもの、実用的なもの、こんなの待ってました!的なものまで、厳選してまとめてみました。

01.
ピザが好きすぎて浮き輪に!
米で話題の「Pizzafloat」

E0ee73a408e6bae5b19a2713ea6fc7be61d5472e

アメリカ人の「ピザ愛」が詰まった浮き輪…もはや説明の必要もないかもしれません。全長6フィート(約182cm)の巨大ピザスライスの上にプカプカ浮かべば、水辺の主役になれること間違いなし。

つなぎ合わせれば、1枚のホールピザにもできちゃいます。

→詳しい記事はこちらから。

02.
60秒で100個つくれる
水風船「バンチオバルーン」 

5dec6739f4621231d911a120cf054b739c355e1c

海外で2,500万個の販売実績を誇り、満を持して今年日本に初上陸した「新時代の水風船」がこちら。

セットされた35個の風船に水を入れると、およそ約20秒弱で一気にふくらみます。さらに水を入れ続けると、その重みでボロボロと水風船となって落ちていくんです。

Ad98f53797e4898e213fe0064c56a8b3a4438aad

もう、水道の蛇口から一個一個作っては手で結んで留めるという、非生産的な作業はいらなくなるかも?

→詳しい記事はこちらから。

03.
バリ島発の大きめビーチタオル
「KYKULLO(キクロ)」

8b888da61377e6cdc6aacd27d81b898548f955f9

「水着は新しく買った!」というあなた、今年はビーチタオルにもこだわってみませんか?

209a4568d1ba1737a90bab49371dd22da56c6734

インドネシア伝統の染め物、バティックサロンをモチーフにした大型タオル「KYKULLO(キクロ)」は、美しさと快適さが組み合わさった逸品。ビーチに敷いて寝ころんでみたり、体全体を包んだり、いろいろなシーンで重宝できそう。

→詳しい記事はこちらから。

04.
蚊が近寄ってこない
「Anti-mosquito TEE」

3718be1129050f5cd3285faf0faa608e7245cc39

「アンチ モスキート ティー」は、その名の通り蚊が近寄らないTシャツ。

特殊製法により、有効成分を包み込んだマイクロカプセルを、繊維の奥に定着するよう加工。50回の洗濯までは蚊よけ効果を持続できるのだとか。

1835dd625c7cd31c8362dd29d401da81153632f7

そんな夏場のお出かけに嬉しい機能を持ち合わせながらも、Vネックとクルーネックを用意していたり、裾にポケットの付いたキッズサイズもあり。

今年は親子で「アンチ・モスキート」しちゃいましょう。

→詳しい記事はこちらから。

05.
海に優しいオーガニックな
日焼け止め「MANDA」

E960217b6a5ba1f3e7a3007294851edec09594b2

ミャンマー産の天然素材を使ってできた日焼け止めクリーム「MANDA」は、Thanakaという木材の粉末や、蜜蝋、ココナッツオイル、シアバター、ココアバター、シナモンオイルで構成されていて、なんとSPF50。

「お肌にも環境にも優しい」と、海を愛する人たちの間で人気を集めているんです。

2e3d50903fdaee6bca1f9e5e5b91cf3b0f0f1db0

日焼け止めクリームは年間36万トンも海へと流れ、その化学成分が海洋環境に悪影響をもたらしているとも言われています。今年の夏は、オーガニックなクリームを選んでみては?

→詳しい記事はこちらから。

06.
好みに着せ替えできる
カラフルサンダル「Dooq」

C1deac1d01bc636963f19858c988730b8cc0fa03

サンダルについてるビーズだけが趣味に合わず「でも他にないから仕方ないか…」と諦めた経験はありませんか?「Dooq」はすべてのパーツが着せ替え可能で、ソール、アッパー、ストラップ、ボタンなど自分好みにカスタマイズできるんです。

2e91b0da9df8d025048cc0f1ecba3b34671d7942

アッパーとストラップは全21色。皮の種類もイタリア製の天然、日本製のヴィーガンレザー、イタリア製人工皮革と3種類。

今まで自分好みのサンダルがなかなか見つからなかった人も、DIYを楽しみながらお気に入りの1足が手に入るかも。

→詳しい記事はこちらから。

オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
恐怖とは無縁のゴーストたちは、海やディズニーランドで夏を思いっきり満喫。愉快な彼らの姿は、見ているこちらの心を和ませる。クスッと微笑ましいゴーストたちの夏...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
「私たちは、皆、仲間たちと素晴らしい夏を過ごしたいと願っています。もう、あなたのカレンダーにも、公園でのピクニック、ビーチパーティー、BBQ、お酒たっぷり...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...