見た目と思いきや、「機能性」が売りのビーチクッション

気温も気分も、すっかり夏。涼を求めて、今すぐにでも海に向かって駆け出したい気分!ビーチで過ごす時間を最大限楽しくするために、そろそろアイテムを揃えていきましょう。

海から上がったその足で
クッションにゴロン

A90ecc38bcc2ca1157bc0fe19d0d599276cf1762

オーストラリア発「Sandusa」ビーンバッグは、真っ白な砂浜に映えるビビッドなデザインが特徴的。でもこれのウリは、何よりその機能性。昨年話題となったビーチタオルと同じく、完全防水で、さらに砂も全く寄せ付けません。表のタオル生地と裏のナイロン生地の組み合わせが、機能性と快適さの秘訣です。

2cc1ca03f90a9aecdf5c53219c5025effed16406

海から上がったその足で、ゴロンと寝転がって日光浴…なんてきっと最高です。タオル部分はコットン製なので、優しい肌触りなのも嬉しいところ。

C5bb0040e588ac9655bda6d68e8e2fc9a88f8d0c

こーんな風に投げちゃえるくらい軽いのもポイント。もちろん海辺に持って行くのもいいですし、ピクニックに持ち出すのも良いかも。

2777fdba01a0b4aedd4802dbe2cfff602a1e1ad9

このクッションに体をあずけて、のんびり海を眺めたり、本を読んだり、カクテルを飲んだり。見ているだけでそんなバカンス気分が盛り上がるこのクッションは、公式ウェブサイトから購入可能。もちろん日本にも発送してくれます。

ちなみにサングラスやビキニも売っているので、ビーチグッズを一式揃えちゃうこともできますよ。

Licensed material used with permission by Sandusa
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
現在「INDIEGOGO」で資金調達中の「The Buttress」。見た目はまるでお尻のこのクッションは、触り心地もふわふわで、つい一緒に眠りたくなりそ...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
「坐禅」には、専用のクッションがある。名前は「座蒲(ざふ)」。高さと硬さが坐禅仕様になっていて、日本の職人が心をこめて手づくりしている。坐禅は近年、僧侶の...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
さまざまな事情で犬や猫を飼えない人におすすめしたいのが『Qoobo』のクッション型セラピーロボット。「しっぽ」の形をしたこのクッションは、なでるとしっぽを...