見た目と思いきや、「機能性」が売りのビーチクッション

気温も気分も、すっかり夏。涼を求めて、今すぐにでも海に向かって駆け出したい気分!ビーチで過ごす時間を最大限楽しくするために、そろそろアイテムを揃えていきましょう。

海から上がったその足で
クッションにゴロン

オーストラリア発「Sandusa」ビーンバッグは、真っ白な砂浜に映えるビビッドなデザインが特徴的。でもこれのウリは、何よりその機能性。昨年話題となったビーチタオルと同じく、完全防水で、さらに砂も全く寄せ付けません。表のタオル生地と裏のナイロン生地の組み合わせが、機能性と快適さの秘訣です。

海から上がったその足で、ゴロンと寝転がって日光浴…なんてきっと最高です。タオル部分はコットン製なので、優しい肌触りなのも嬉しいところ。

こーんな風に投げちゃえるくらい軽いのもポイント。もちろん海辺に持って行くのもいいですし、ピクニックに持ち出すのも良いかも。

このクッションに体をあずけて、のんびり海を眺めたり、本を読んだり、カクテルを飲んだり。見ているだけでそんなバカンス気分が盛り上がるこのクッションは、公式ウェブサイトから購入可能。もちろん日本にも発送してくれます。

ちなみにサングラスやビキニも売っているので、ビーチグッズを一式揃えちゃうこともできますよ。

Licensed material used with permission by Sandusa
他の記事を見る
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
「Poutnik(ポートニック)」のBLADE Jacketは、収納力を確保しながらもスッキリした印象です。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
正しい「あぐら」をかくって、結構難しいかも。
現在「INDIEGOGO」で資金調達中の「The Buttress」。見た目はまるでお尻のこのクッションは、触り心地もふわふわで、つい一緒に眠りたくなりそ...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...