シュノーケリングだと物足りなくなってきた人のための「酸素ボンベ」

もうすぐ、海水浴が楽しい季節がやってきます。

ダイビングをしてみたいけれど、タンクは重そうだし準備も大変、ライセンスもいるんでしょ…と思っているみなさん。手軽に水中に潜れるデバイス「SCORKL」を使ってみてはいかがですか?

背負う必要ナシ
くわえて泳げる酸素ボンベ

32415dc57ded711ff0ea6f0fea0cae648bedcd68

SCORKL」は、小さなタンクを直接くわえて潜れるデバイス。空気圧をコントロールするレギュレーターとマウスピースがタンクと一体化しているので、装備はこれ一本だけでOK。

タンクを背負って潜らなければいけない普通のスキューバダイビングに比べると、圧倒的に軽く、手間もかかりません。

また重いタンクを背負って泳ぐのは、重心が安定せずコツがいるもの。このタンクなら小さくて軽いので、より自由に水中を泳ぐことができるでしょう。

84d29f9eac5f1ae74932b85f8ee8d87f03f21121

1本で潜れる時間は、だいたい10分。さすがに本格的なタンクに比べれば時間は短いですが、その分安全という考え方もあります。空気の残量はメーターで確認することが可能。安心して水中遊泳を楽しめますね。

空気補充も簡単に
シュノーケリングの一歩先へ

2ef0a17ade62e275dedd052ff49c1673d9507bea

空気を補充するのが簡単なのも嬉しいところ。通常のスキューバダイビングで使われるタンクは充填に専用の設備が必要なため、そもそも個人で所有すること自体が難しいもの。

でもこの「SCORKL」なら、専用のポンプ式空気入れを使えばOK。自転車の空気入れのような使い勝手。湿気と不純物をフィルターしてくれるという機能も付いています。

すっきりしたデザインなので大きな荷物にもならず、簡単に持ち運びができそうです。

06de0e9a8c61fd0882db696bc096dd7adbe82109

専用ポンプを使う以外にも、付属のアダプタを使ってスキューバダイビング用のタンクから空気を移すこともできます。タンクが使える場合は、こちらのほうが楽かも。

F020f70c2f8b0bfd13b490ca621ef81aeb134bb3

シュノーケリングよりちょっと本格的なダイビングを楽しみたい人に注目して欲しいですね。

本体(ポンプ別)が269オーストラリアドル(約22,000円)で、現在「Kickstarter」で資金募集中。ちょっと値は張りますが、海遊びを堪能したい人は検討してみては?

Licensed material used with permission by SCORKL
スキューバダイビングの「酸素ボンベ」は、1本あたりの重さが10〜15kgほど、さらに酸素を入れると総重量は最大で17kgほどにもなるという。ヘビーなうえに...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
米造形作家による作品です。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行な...
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。これが、スゴ...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。