クジラに喰われるのを
「拒否られた」男性

先日、「嘘でしょ!?」というようなニュースがネットで拡散されました。シュノーケリングをしていた男性が、シロナガスクジラに飲み込まれそうになり、無事脱出することができたというもの。

シロナガスクジラといえば、世界最大の動物とされ、最長33mを超えるとも伝えられています。飲み込まれたとしたら、ひとたまりもありませんよね。

で、話に戻ります。「The Guardian」が報じるところによれば、場所は南アフリカ南部のポート・エリザベスの沖合。無事に生還したRainer Schimpfさんはクジラの口の中に入ったとき、イワシも一緒に飲み込まれそうになっているのを見つけ、自分が食べ物と間違えられていたことを確信。

驚いたことに、間違いだと気づいたのはクジラも同じだったそうで……次の瞬間、クジラはRainerさんを吐き出しだんだとか。

あくまで奇跡の脱出に成功したRainerさん主観の話ですが、クジラだって美味しくイワシを食べたかったのですかね!?

© 7 News Sydney/Twitter
Reference: The Guardian
Top image: © iStock.com/Annabelle500
他の記事を見る
穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、街にどよめきが起こりました。クジラの周りでは、防護...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
オーストラリア・クイーンズランド沖合で、白鯨が目撃された。お腹だけでなく、背中もヒレも真っ白。これは、世紀の大発見!?純白のザトウクジラ運が良ければ出会え...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
カリフォルニアのモス・ランディングはかつて鯨漁船が出ていたことで知られている場所でもあり、今もホエール・ウォッチング・ツアーの名所として人気がある。201...
アラスカ州スワード。総面積の約3割が川や湖などの水域となっているこの都市は、クルーズ客船の停泊地、アラスカ鉄道の起点、そしてキーナイ・フィヨルド国立公園の...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。