100周年を祝い、ドイツの街を走る「バウハウスバス」

1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。その名を聞いたことがある人も多いでしょう。絵描や建築、写真などに力を入れ、ナチスの弾圧で1933年に閉校するまで数々のクリエーターなどを輩出。それだけでなく、理念や表現方法は今もなお世界中の建築やデザインなど、さまざまな分野に多大な影響を及ぼしています。

そして、創設100周年を迎える今年、記念して造られたバスがあります。

©CC-BY SA Tinyhouse University

道路を走るバスは中の様子が外から見てもわかるようなつくり。このガラスのカーテンウォールは、同校が以前ドイツのデッサウ(10年ほど前に隣接するロスラウと合併)にあった時の建物の外観に似せたもの。

バスの中ではワークショップやエキシビションが行われたり、バウハウスの歴史などを記した内容の本を並べた図書スペースまで用意。ナンバープレートもアルファベット表記の部分にこだわりが見えて、洒落ています。

すでに1月からドイツ国内の2都市に出現して稼働中。今後はコンゴのキンシャサ、その後は再びドイツへ。そして8月には香港で走ることになっています。

日本人としては、学校の記念となると銅像や記念碑などが建てられるイメージがあるのですが、こういう取り組みは面白いですね。

©SAVVY Contemporary
©SAVVY Contemporary
©Mirko Mielke
Reference: Dezeen, Lonely Planet
Top image: © Mirko Mielke
他の記事を見る
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのユーチューバー兄弟の動画をご紹介。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...