「危うい思春期」は、生まれた国によって大きく違った

ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。同じ14歳でも、生まれた環境によって大きな違いのある思春期を捉えています。「I AM 14」と名付けられたこのシリーズは、コンゴ民主共和国・パレスチナ・ベルギーで3年もの長い月日を費やして完成させたもの。

彼女たちの暮らしは、私たち日本人を驚かせるようなものがあります。だけど、これが日常なのも事実。

1人目
コンゴ民主共和国での青春

カタンガ州のルブンバシに住むLoraine。

2人目
パレスチナでの青春

パレスチナ出身のRu'aは、難民キャンプで暮らしています。

3人目
ベルギーでの青春

ブリュッセルで育ったValentine。

どこで暮らしていても「人生の主役は自分」と、少女たちの瞳が語っているように見えます。

大人でも子どもでもない彼女たちは、それぞれが育った場所で何を感じながら生きているのでしょうか?

「TOKYO INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL」でグランプリを獲得したBénédicteの作品はコチラから。

Licensed material used with permission by Bénédicte Vanderreydt, (Facebook), (Instagram)
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
思春期の少年には、子どもから大人へと成長する過程で、避けては通れない“通過儀礼”がある。母親との衝突だ。母からの無条件な愛は感じるのだけれど、一方、母とい...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...