わたしたち、「心の」成長期。

 

「女の子」は弱くって壊れやすい。けれど、ゆるぎない。

これは、北京で活動する LUO YANG が、「GIRLS」と題した自身の写真作品でつたえていること。希望や不安が絶えずあふれつづけ、摩擦がくりかえされる現実のなかで、内面の激動期に直面している女の子たちをとらえている。いわば、「成長期」にいる女の子たちである。

 

 

「彼女たちはいつも、自分ではどうしようもできないこと、ものすごいスピードで流れる時間のなかにいます。でもいつか、自分自身を確立させ、最後にはやさしい気持ちに包まれていくと思っています。

 

わたしは、この世界のどこかで生きがいを見つけられずにいる女の子に、この写真にあるさまざまな女の子の人生の断片を、見つけてほしいと思っています」(LUO YANG)

 

 

「とっても壊れやすい」のは、同時に「変わりつづけることができる」ということ。それだけはゆるぎなくて強く、変わらない事実だと信じてる。

いつか「こんなところまでこれた!」っていうところに辿り着くまで、変わっていくことを恐れずにいたい。だからこそ、変わりつづけていくさなかにいる、自分の、だれかの、表情や視線、えらんだ洋服、髪の毛の色、身体のかたち。それらを、その人をつくる欠片として尊く思える自分でいたいな。

 

Licensed material used with permission byLUO YANG
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
日本の粉末プロテイン市場ではホエイとソイが大半を占めるなか、福岡で業務用液卵・凍結卵を製造販売している「イフジ産業株式会社」は、長年の鶏卵加工の強みを活か...
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
ヌードと言えば、なんとなく女性というイメージが社会には根強くあります。が、その固定概念を逆転させて話題を集めた広告があります。
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
「ORBIS Mr.」が、今週4月1日から同ブランド初となるメンズ用メイクアイテムの展開をスタート。ファッションを楽しむように男性が日々取り入れられる美容...
青森・十和田の奥入瀬渓流沿いに建つ「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、5月7日~7月31日、苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」を実施。部屋の装飾か...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
いろんな国のミレニアル世代の女の子たちの日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画「世界の女の子たち。」、今回はビーチ編です。
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...