ヌードだけど、「ヌードじゃない」。

 

そうなんです。

何言ってんだ?って感じですね。これ、「人間が限りなく自然に近づいた姿」というのが正しいかも。セクシーとか、エロいとか、そういう感じしないでしょ?

 

この世でもっとも美しいのは

 

現実と幻想、自然と人工。その境界線を消しさる手段のひとつとして、synchrodogsが選んだのが、この作品をつくること。

直感、潜在意識、自然現象、科学、どんなものをつかっても「説明することができない」ものの本質に、人間の身体をとおして向き合います。

雨上がりの川の水面のキラキラ、雪面に反射する光、川にしな垂れる枝、指のすきまをすり抜けていくやわらかい砂。美しい自然には、人間が人間でいる限り勝てっこないって、わかっている上でのこと。

人間は、どこまで「超自然」に近づいていけるんだろう?

 

Licensed material used with permission bysynchrodogs
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...