シドニー大で獣医を目指す学生たちがヌードに!(総勢65人)

うら若き乙女たちが、惜しげも無く裸を披露!しかも、写真をカレンダーにして販売していたそうです。一体何ゴト?

じつはこれ、シドニー大学で30年間も続いている毎年の恒例行事なのだとか。写っているのは同大学で学ぶ獣医の卵たち。男女含め総勢65人ものが学生が、干ばつによって被害を受けた地元の農家や牧場主を支援するために一肌脱いだんだとか。というか…

全部脱いじゃってます!

「We're the bush」と呼ばれているこのチャリティー企画。カレンダーの販売は、2016年1月30日に終了。しかし、彼らのFacebookページには「どこかで購入できないの?」という声が引き続き寄せられています。

Daily Telegraph」のインタビューによれば、参加者は交渉する必要もなくすぐに集まったそう。それだけ干ばつ被害を救済しようという意志をみんなが強く持っていたようです。獣医を志す学生なので、動物の扱いもお手のもの。何も問題は起こらなかったのだとか。

見ているこちらがドキドキしちゃいますが、素敵な取り組みですよね。来年のセクシーカレンダーも楽しみに待ちましょう♡

Licensed material used with permission by Nicola Bodle
他の記事を見る
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
新たな観光スポットとして要チェックです。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
2016年7月8日、男性5人が真冬のオーストラリア最高峰「コジオスコ」登頂に挑み、これに成功。大きなニュースとなりました。登頂者を何人も輩出している山で、...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
いま、シドニーで大注目のデザートがこちら。見た目のインパクトもさることながら、その独特の食感がやみつきなんだとか。このハイブリッド感がたまらない!シドニー...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...