水上に浮かぶコンテナハウスは、コペンハーゲンの「学生寮」だった。

普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。

「学生時代に戻りたい」と。

ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を受けることができるらしい。

「水上」を拠点とする大学生活

市内中心部、水上に浮かぶコンテナハウス。

ビジュアル的にはショップやギャラリーに思えるが、ここは学生寮

桟橋を使ってアクセス。

学生たちの憩いの場であろう中庭。

上の階には、遊歩道や屋上テラスが。眺めも良さそう。

日の光を取り込む大きな窓が印象的。

共用キッチンもある。

しかも、家賃はたった6万円

市内中心部の物件は、当然家賃が高い。それゆえ、学生はどうしても郊外に住まざるを得ない。

そこで、2013年に設立されたスタートアップUrban Riggers社が手掛けたのがこの寮。最高のロケーションに加え、格安なのがさらなる驚き。「Business Insider」によると、周辺の家賃相場は1,200ドル(約12万円)程度だそうだが、この寮には半額の600ドル(約6万円)で住めるという。

こんなにも優雅なコンテナハウスを拠点にして、大学生活を送ることができるコペンハーゲンの学生たち。もはや、羨ましい以外の感情が出てこない。

Licensed material used with permission by Alexander Jensen
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウ...
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...