コンテナ建築では最大規模!?南アフリカのアパート

いま、世界中でその利便性が見出されているコンテナ建築。低コストかつ短時間で建設できるのがポイントです。さらに、その多くが輸送コンテナを再利用しているため、環境にも配慮しているという点も忘れてはいけません。

ヨハネスブルクでも、この流れにのったコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。合計で140個ものコンテナを使用していて、その姿からは高層マンションとは異なる迫力を感じられますね。

コンテナアパートと聞くと安っぽさを感じる人もまだまだいるかもしれませんが、そのイメージとは異なる建築もたくさん世界には建てられています。定番化してきた分、どう進化していくのか今後も要チェックです、コンテナ建築。

Photo by Dave Southwood
Photo by Dave Southwood
Photo by Dave Southwood
Top image: © Dave Southwood
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
カリフォルニア州パソロブレスのワイナリー「CASS」は、ちょっと変わったワインツーリズムで有名に。船舶搬送用の古くなった輸送コンテナをつなぎ合わせてスタン...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
まずはこのGif動画を見てみましょう。トレイラーに乗せて運搬すれば、どこにでも持っていけちゃうこのコンテナ。なんと54平米まで拡張するのだとか。内装も写真...
埼玉県八潮市にある「小倉あさひ幼稚園」は、50周年という節目に園舎を新しく建て替えることにしました。そこに使われたのは、なんと船舶コンテナ。子どもたちの創...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...