輸送用コンテナを利用したベネズエラのカルチャーセンター

ベネズエラのグアカラ。

世界中のあらゆる都市と同様に、この街でもグラフィティのキャンバスと化した廃墟が問題となっていました。

その再生方法として、選択されたのがローコストなコンテナ建築。既存の建物の下部をベースにコンテナを積み上げ、完成したのが下の写真の建物です。

©2019 Pico Colectivo

ミニマルな四角い箱の集合体が多いコンテナ建築にあって、細長い輸送用コンテナのかたちをいかして組まれているのがユニークですね。よく見ると階段もコンテナを斜めにしてつくられています。オレンジやピンクという色使いもいい意味で雑多。楽しげな雰囲気を醸し出しています。

現在は、カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどの機能を備えたカルチャーセンターとして運営されており、地元の評判も上々だそうですよ。

©2019 Pico Colectivo
©2019 Pico Colectivo
Reference: designboom
Top image: © 2019 Pico Colectivo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事