輸送用コンテナを利用したベネズエラのカルチャーセンター

ベネズエラのグアカラ。

世界中のあらゆる都市と同様に、この街でもグラフィティのキャンバスと化した廃墟が問題となっていました。

その再生方法として、選択されたのがローコストなコンテナ建築。既存の建物の下部をベースにコンテナを積み上げ、完成したのが下の写真の建物です。

©2019 Pico Colectivo

ミニマルな四角い箱の集合体が多いコンテナ建築にあって、細長い輸送用コンテナのかたちをいかして組まれているのがユニークですね。よく見ると階段もコンテナを斜めにしてつくられています。オレンジやピンクという色使いもいい意味で雑多。楽しげな雰囲気を醸し出しています。

現在は、カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどの機能を備えたカルチャーセンターとして運営されており、地元の評判も上々だそうですよ。

©2019 Pico Colectivo
©2019 Pico Colectivo
Reference: designboom
Top image: © 2019 Pico Colectivo
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月1日、首都カラカスで開催された南米ベネズエラのミスコンテスト「Miss Venezuela 2019(ミス・ベネズエラ2019)」。今回、出場者はスリ...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
おしゃれなコンテナハウスを、別荘や自分だけの趣味小屋用に作るーー。ちょっとやってみたくなるけど、ここまでできるのか!と驚かされる例を紹介。中古コンテナに必...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
東京五輪期間中、駐日フィンランド大使館の敷地内に「メッツァパビリオン」が登場。
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。