場所を選ばない「空飛ぶコンテナ」

低コストで運搬や建設も簡単。その利便性から今や世界各地で建築物に利用されているコンテナ。でも、一度組み立てられたものが解体され、あらためてかたちを変える、場所を変えるなどして利用される話はあまり聞きません。

でも、それを目的として造られたコンテナがあります。フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生した「Flying Nest(空飛ぶ巣)」。移動性に優れ、利便性や快適性も兼ね備えたものとなっています。

コンテナ内にベッドを設置すればベッドルームにもなるし、窓も付いているのでどんなロケーションでも外の景色を楽しめます。従来のコンテナが醸す無骨感や閉塞的な感じはなく、心地よく過ごせそう。

この冬は、12月下旬から3月中旬までの間、フランスのスキーリゾートAvoriaz ski resortにポップアップ的に設置されました。今後の利用先はイベントや音楽フェス、ビジネスミーティングの場などを想定。次はどこの場所へ“飛んで”いくのかが気になるところです。

Top image: © 2019 Ora-Ito
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
南アフリカでも、トレンド感のあるコンテナアパートが建設されました。デザインを手がけたのは、ニューヨークとナポリを主な拠点とする建築事務所「LOT-EK」。...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
カリフォルニア州パソロブレスのワイナリー「CASS」は、ちょっと変わったワインツーリズムで有名に。船舶搬送用の古くなった輸送コンテナをつなぎ合わせてスタン...
ドイツ・ヴァーネミュンデにあるホステル「DOCK INN」は、コンテナを積み上げて造られました。全64部屋で188つのベッドを用意。ギャラリーやスパなどが...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、コーカサス山脈に位置するGudauri山は、隣国からスキーリゾート客が訪れる冬場の観光地らしい。この山の中...
空飛ぶクルマの展示会「フライングカーテクノロジー」が開催決定。有人飛行を成功させた「SkyDrive」の機体の展示をはじめ、空飛ぶクルマの実現によって拓か...
〈Penco(ペンコ)〉の「ストレージコンテナー」です。デスク上の細々したものを収納するためのストレージ、いろいろありますが、コイツはとにかく安くて、かわ...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。
コーヒーの代わりとして、今、アメリカで注目を集めているものがある。それはなんと、あの日本伝統の飲み物“抹茶”なのだとか。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
近隣住民が準生活必需品をシェアすることを目的としたサービス「下北沢ShareBOX」。「下北線路街 空き地」にて、4月中頃までの試験導入。