宿泊先は「貨物コンテナ」。カリフォルニアのいまどきワインツーリズム

ぶどう畑に囲まれたワイナリーで、ワインを味わいながらその土地の食や文化を楽しむ「ワインツーリズム」。カリフォルニアで、いま話題の宿泊施設のご紹介。

州南部パソ・ロブレスのワイナリー「CASS WINERY」に現れる、赤やベージュに染まった直方体の箱。じつはこれ、輸送用コンテナ。長年、船舶の積荷として使用されてきた輸送用のコンテナをつなぎ合わせて客室へとアップサイクルしたものだ。

©11th Street Studios

58ヘクタールのぶどう畑となだらかな丘に囲まれた「Geneseo Inn」は、8つのユニットで構成され、コンテナと地元の廃材などを使用して設計されている。コンテナといっても内部は広々。室内の天井と床もワイナリーで廃材となった木材を使用する徹底ぶり。

「デザインはすべて、ぶどう畑にインスパイアされたもの」とは、設計を担当した「Ecotech Desin」建築家のWalter Scott Perry氏。

8フィート間隔に植えられるぶどうの木と等しく、コンテナも同間隔でモジュールを設置。すべての建物コンポーネントも水平、垂直に位置する配列にすることで、日中は光と影が室内に均等に行き渡り、ぶどう畑の広がりをどの部屋からでも満喫できるんだそう。

飲食店や小売店、宿泊施設をはじめ、コンテナを活用した例は数あれど、「Geneseo Inn」ほどその場の環境に統合した再利用設計はあまりない。

コンテナユニットとぶどう畑の循環型アコモデーション。自由に旅を楽しめるようになったら、こういう場所をまず訪れてみたくなる。

©11th Street Studios
©11th Street Studios
©11th Street Studios
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
おもちゃのブロックみたいに積み重ねられているコンテナが目を引く、マレーシアのホテル「Padi Box」。船舶の上や海沿いに並べられているそれよりも、ヴィヴ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
東京・四谷のビジネスホテル「ホテル ニューショーヘイ」がコロナ禍限定の破天荒なキャンペーンを開始した。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...