いらなくなったアイシャドーを水彩絵の具にするプロジェクト

ただ材料を再利用するだけではなく、いらなくなった物にこれまでよりさらに高い価値を付与し昇華させるアップサイクル。今では、だいぶ聞き慣れてた言葉ですよね。

ここでは、アイシャドウからアップサイクルして生まれた水彩絵の具を紹介します。

©Ameenah Begum

メイクが大好きで、いろいろなコスメを集めていたというAmeenah Begumさん。しかし彼女のコスメに対する熱は、ただ化粧をするだけではありませんでした。

彼女が水彩絵の具をつくるキッカケとなったのは、旅に出た時。アイシャドウを使い切れずに捨てている人を偶然目にし、今まで自分も同じことをしていたのだと気づいたそうで。この時から、大好きなコスメがもっと長く愛されるようになって欲しいと考えるようになったと言います。

そして立ち上げたのが、「Cos Watercolours」というプロジェクトでした。

©Andy Sturt

プロジェクトは、そのカラフルな特徴を生かして水彩絵の具にアップサイクルするというもの。どのようにアイシャドウを集めているのかというと、知り合いから提供してもらっているのだそう。今後はプロジェクトに持続性を持たせるために、一貫して不要となったアイシャドウを手に入れられるよう小売業者とパートナーシップを組むことを目指しているのだとか。

好きだからこその行動力。彼女が持つコスメへの愛は“ホンモノ”です。

Reference: Ameenah Begum
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
シティサイクル用にピッタリなのがスペインの〈CLOSCA〉が作ったへルメット「FUGA」です。ユニセックスで使えるスマートな外見と、モバイル性がポイント。...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。