いらなくなったアイシャドウを水彩絵の具にするプロジェクト

ただ材料を再利用するだけではなく、いらなくなった物にこれまでよりさらに高い価値を付与し昇華させるアップサイクル。今では、だいぶ聞き慣れてた言葉ですよね。

ここでは、アイシャドウからアップサイクルして生まれた水彩絵の具を紹介します。

©Ameenah Begum

メイクが大好きで、いろいろなコスメを集めていたというAmeenah Begumさん。しかし彼女のコスメに対する熱は、ただ化粧をするだけではありませんでした。

彼女が水彩絵の具をつくるキッカケとなったのは、旅に出た時。アイシャドウを使い切れずに捨てている人を偶然目にし、今まで自分も同じことをしていたのだと気づいたそうで。この時から、大好きなコスメがもっと長く愛されるようになって欲しいと考えるようになったと言います。

そして立ち上げたのが、「Cos Watercolours」というプロジェクトでした。

©Andy Sturt

プロジェクトは、そのカラフルな特徴を生かして水彩絵の具にアップサイクルするというもの。どのようにアイシャドウを集めているのかというと、知り合いから提供してもらっているのだそう。今後はプロジェクトに持続性を持たせるために、一貫して不要となったアイシャドウを手に入れられるよう小売業者とパートナーシップを組むことを目指しているのだとか。

好きだからこその行動力。彼女が持つコスメへの愛は“ホンモノ”です。

Reference: Ameenah Begum

関連する記事

家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...
渋谷「100BANCH」の入口を彩ったアートの懸垂幕がアップサイクルにより数量限定の「トトートバッグ」に転生し、渋谷区のふるさと納税返礼品として販売。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
マスク美人になるために力を入れたいのが、アイメイク。でも、自分にぴったりの色を見つけるのって、意外と難しかったりする......。そこでオススメしたいのが...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
害獣指定動物とされている「エゾ鹿」の鹿油から作られるコスメ「YUK(ユク) COSMETICS」が誕生。社会や環境にメリットをもたらすだけでなく、その効能...
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
パレットに絞り出された油絵の具……のようにも見えますが、じつはこれ、色鉛筆で描かれた「油絵の具のイラスト」。と、種明かしをされてもなお、やっぱり色鉛筆で描...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
鹿児島・大隅半島で、自然由来成分100%の化粧品作りをおこなう「ボタニカルファクトリー」が「たんかん農業廃棄物買取りプロジェクト」を開始。おいしく食べられ...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「ZOZOTOWN」が、3月18日にコスメ専用モール「ZOZOCOSME」をオープン。それに合わせて、肌の色の計測ツール「ZOZOGLASS」を発表。配送...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。