どうせ生き返るなら美しく、アップサイクルのランプ。

ただ捨てられるだけでは、自然を汚してしまうペットボトル。まわりまわって、たくさんの人の生活にも悪影響を及ぼします。

世界中で、年々ゴミの量は増え続けているようです。多くの地域では、ペットボトルをリサイクルするために必要な資源とテクノロジーが未発達だと考えられています。また、対応が遅れることで、海の美しさが保てないのが問題になっているのだとか。

そこで自然を守るためにスタートしたのが、「PET Lamp project」です。

再利用するだけでなく
意味のあるモノに変える

このプロジェクトは、デザイナーAlvaro Catalán de Ocónさんを中心に、ペットボトルをランプなどの家具にアップサイクルする取り組みです。

現在、彼らは織物技術を利用してアップサイクルした、ペットボトルランプの展示会を計画中。

そこで注目されているのが、オーストラリアの先住民であるヨルング族の“知恵”。熱帯植物の根と葉を使うヨルング族の作る織物は、色鮮やかで、らせん状の柄が特徴的です。

「PET Lamp project」は、地域色溢れる家具の制作を進めています。

世界各国で活動していく予定で、過去にコロンビアやエチオピア、さらには日本のユニークな技術を取り入れた作品の展示会を行ったそうです。

捨てられたゴミなどを、新しい素材や製品にするアップサイクル。それにとどまらず、彼らの取り組みは、伝統を知ってもらい、失われそうな技術を保存するという意味も込められているのかもしれません。

Licensed material used with permission by ACdO
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
イスラエル発のカスタマイズ可能なランプ「PersonaLight」のクラウドファンディングが開始。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。
細かい設定いらずで、除菌のみの機能を有したシンプル設計の歯ブラシ除菌キャップが登場。コンパクトサイズだから外出時に最適で、新紫外線「UV-C LED」使用...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
食べるのがもったいないほど美しい「花束ケーキ」が12月1日より発売開始。エディブルフラワーが主役の特別なケーキは、クリスマスプレゼントにも。
ピザのおいしさがギュッと詰まった新感覚クッキー「PIZZA BEAR(ピッザベア)」がお目見え。来月13日(日)まで、JR東京駅構内の「グランスタ東京」に...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
カリフォルニア州パソロブレスのワイナリー「CASS」は、ちょっと変わったワインツーリズムで有名に。船舶搬送用の古くなった輸送コンテナをつなぎ合わせてスタン...
アップサイクルとハンドメイドをコンセプトに掲げるレーベル「BEAMS COUTURE」と「Ziploc」のコラボレーションアイテムが絶賛発売中。
アップサイクルプロダクトブランド「アマリノ-Amarino-」がバッグや革小物を作る際に発生する本革の残反を再利用した「リユース本革ブックカバー」を販売中。