これが「ゴミ大国化」するイギリスを救う、ひとつの光だ。

世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。

そんなイギリスのゴミ問題を救うのは、「Quercus 」。

シンプルなデザインの、あたたかなランプです。

イギリスが瓶のゴミだらけになる前に

Quercusは一見おしゃれなランプですが、よく見るとランプシェードの部分に使われているのがワインボトルなのがわかります。レストランから出るワインの空きボトルを磨りガラス加工にしてシェードにしているんです。

本体に使われているのは、美しい木目を活かしたオーク材です。この木材も自然倒木や、森の維持のために切り倒された木材を使用しています。

青い導線についた電源でオンオフの切り替えができます。

角度や明かりの強弱の調整などはできないし、それほど機能的ではありません。でも、そのシンプルであたたかい明かりは、環境だけでなく人の心も救うのではないかと思います。

Quercusはこのような形で届きます。

これを組み立てて、自分でランプを作ることができるんです。

DIYなどしたことないという人でも心配はご無用。

電球を取りつけ、導線を本体に通せば完成です。

使われているすべてのパーツがリサイクル可能なため、長く使えるのもQuercusの魅力。

Quercusを開発したgreebはこのランプをきっかけに、リサイクルを取り入れたデザインを積極的にリリースしていきたいと述べています。

 

Quercusは現在「Kickstarter」で資金募集中。

280ポンド(約4,300円)でランプ本体と電球を購入することができます。

地球に優しいシンプルなランプは、日々の生活に少し優しい時間をもたらしてくれるかもしれません。あなたのベッドサイドテーブルに、一台いかがでしょうか。

Licensed material used with permission by Greeb
 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
他の記事を見る
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
イギリスの「ロングウッド・プライマリー・アカデミー」という小学校は、敷地内に瞑想スペースを設置しました。
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。