ゴミとなったスニーカーから生まれたAdidasのラグマット

海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」と協力して、海に浮かんでいるゴミからスニーカーを作りだしているAdidas。いろんなプロジェクトを通して環境対策に取り組んでいるのは、多くの人が知っている通りです。

「Stripped Down Stripes」と名付けられたラグマットもまた、ゴミをアップサイクルした製品。Adidasと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタイル・プロダクトデザイナーSimone Postさん。

「I:CO」は使い古されたスニーカーを回収し、ゴムチップに細分化。そして、Simoneさんがパターンなどを決める製作を担当しました。

仕上がりは、地球に優しく、色合いからAdidasらしさも感じるラグマットになっています。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...