10,000本の「タバコの吸い殻」から作られたサーフボード。

どこのビーチに行っても、悲しいことにゴミが落ちています。日本やアメリカに限らず、他の国を含めた世界中で、同じ問題を抱えているのかもしれません。

この現状を打破しようとしているのが、「Creators & Innovators Upcycle Contest」。単なるリサイクルではなく、元の材料よりも価値のあるモノを作り上げるアップサイクルによって、ゴミ問題に取り組んでいるようです。

去る10月、2017年大会の優勝者が決まり、『The New York Times』や『Lonely Planet』など数多くのメディアから脚光を浴びています。

Ben JudkinsさんとTaylor Laneさんが使ったモノは「吸い殻」でした。カリフォルニアを拠点にする彼らは、約2週間かけて、10,000本のタバコを拾って、サーフボードを作り上げたそう。

背景には、自然に対する想いが影響していました。ある調査によれば、カリフォルニアのビーチで回収されるゴミの34%が、タバコなんだとか。そこで、よりたくさんの人に、環境に対する配慮を求めようと考えた結果、閃いたそう。

何も考えずに歩いていたら、見逃してしまう人が多いかもしれません。だけど、それに気づくことができた、BenさんとTaylorさん。本当に自然を愛しているからこそ、このアイデアを思いついたのでしょう。

Reference:Tobacco Free CA
Licensed material used with permission by Juddy Productions(HP), (Indiegogo), Ben Judkins, Taylor Lane
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
「人と社会に心地よい」をコンセプトに掲げた、マスクに特化したブランド「We'll」が誕生。着け心地にこだわったマスクと、マスクをより快適に使うためのアクセ...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
環境問題に取り組むイギリスのNPO団体「Hubbub」は、これまで誰も思いつかなかった、ユーモア抜群の戦略でロンドンの街からタバコのポイ捨てをなくそうとし...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。