カラフルな家具が、カイロの「ゴミ問題」解決の糸口になる

小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気がありますよね。

ここで紹介する椅子も、じつはゴミからできたものなんです。街にあふれるほどあるプラスチックバッグ(ビニール袋)を再利用することで、大きなメリットを生んでいるようですよ。

ゴミ処理問題解決へ向けて
“捨てない椅子”が動き出す

まず、ゴミからできていると言っても、ビニール袋が使われているのはカラフルな座面(ないしは背もたれ)の部分。耐久性があって、エコフレンドリーなハンドメイドのこの生地に注目!

カイロの若手デザイナー(Mariam HazemさんとHend Riadさん)によるデザインユニット「Reform Studio」は、街にあふれるこのゴミ袋をリサイクルした生地で、椅子やバッグなどオリジナルプロダクトを製造しています。2014年だけでも、じつに79万枚近くのビニール袋を回収し、生地へとリメイクしてきました。

集めた袋を殺菌消毒、そこから糸のように細く裂いて加工していきます。これを織機でていねいに手作業で織り込んでいくと、「Plastex」と名付けたカラフルな生地ができあがり。

「ゴミとして分類される前に、ビニール袋のライフサイクルを延長させることが最大の目的」とメッセージングする彼ら。

というのもReform Studioの調べでは、カイロ市内で利用されるビニール製の買い物袋の平均利用時間は、せいぜい約12分程度なんだとか。ショップから自宅へと商品を持ち運びするのにかかる時間なのでしょう。家につけば、その大半はゴミとなるのが関の山。ところが、家庭ゴミとして捨てられるプラスチックゴミの処理が、現在カイロ市内で満足いかない状況なんだとか。

ゴミ処理問題の背景に
ジャスミン革命の功罪が

そこには、こんなお国情報が。

「Citylab」が伝えるところによると、エジプトでは1940年代より、いわゆる廃品回収業者のように街のゴミを収集し、リサイクル業者に引き取ってもらうことで生計を立てる「Zabaleen」と呼ばれる人々がいたそうです。ところが、ムバラク元大統領が2004年、海外資本のゴミ処理施設を誘致したことで、Zabaleenたちは職を失うことに。

もともとは、ゴミの問題を解決する手段だったはずの処理施設は、先のジャスミン革命による元大統領の失脚以後、施設はほどんど機能していない状態なんだそう。日に日にプラスチックゴミはあふれるばかり。カイロ市内はビニール袋を始めとするプラスチックゴミの処理問題が深刻化しているのです。

そんな矢先のReform Studioのリサイクル生地に、国の内外から注目が集まることになりました。

エシカルな暮らしに寄りそう
新しいエジプトが始まるかも

67%をビニール袋、残りもリサイクルコットンで織り込んだPlastex。あえて手織りにこだわるのにも意図があります。エジプトに千年以上伝わる伝統工芸を用いることは、わずか12分足らずの用途のために製造されたものでも、長く使いたくなる日用品へと変容させることができる。こうしたエコ・コンシャスなアイデアをエジプトに根付かせたいとする、若きデザイナーのチャレンンジでもあるようです。

2011年、民衆蜂起に触発され、アラブの春を目の当たりにした若きデザイナーふたりは、このリサイクル生地を通して、エコ・コンシャスで新たなライフスタイルをエジプトに根付かせたい、という大きなチャレンジに乗り出したばかり。

いつか、エジプトの旅土産のひとつに、このカラフルな生地を使った製品が定番になる日が来るかもしれませんね。

Reference:Citylab
Licensed material used with permission by Reform Studio

関連する記事

「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
都内の空き家を「収納スペース」として有効活用しようという物置のシェアリングサービス「モノオク」の実証実験がスタート。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
オフィス家具とホーム家具の商社兼メーカー「株式会社弘益」より、抗ウイルス家具シリーズ「SOCIA(ソシア)」が新発売。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
「BEAMS DESIGN」が「ニトリ」と共同で企画した家具シリーズを先月24日から発売している。
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
業務用家具メーカー「アダル」が、100%国産の天然い草によるサステイナブルな家具「Look into Nature 」シリーズに新たな3モデルを追加。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
海洋汚染問題を解決するために考案されたプロジェクト「8TH CONTINENT」。荘厳な佇まいもさることながら、太陽光や潮力による発電で得たエネルギーを利...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
創業50周年を迎えた「ディノス」より、樹齢50年を超える大分県産日田杉を使用したブックラックとカウンター下収納が発売。
1890年に創業し、オフィス家具を中心に「空間」「環境」「場」づくりをサポートし続けてきた「株式会社イトーキ」が、伊勢丹新宿店に期間限定のポップアップスト...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「MIT」の博士課程の学生が発表した論文で、実験室で木材や繊維など特定の植物組織が育てられることを提唱した。将来的に木材の生産がすべてラボでできるかも。
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
クリスマスはやることがない......そんなあなたに、大手家具ブランド「IKEA」の作って、飾って、食べられる、クリスマスにぴったりの 「Gingerbr...