この夏、ついに解決......アウトドアの「食器洗い問題」

外遊びの機会が増えるこれからの季節は、BBQやこだわりのキャンプ料理といった“アウトドアごはん”を堪能するチャンスです。こだわりの食材をお気に入りのクッキングツールで調理したら、気の合う仲間と青空のもとで乾杯! 最高ですよね。

でも、そんな楽しい気持ちに水を差すのが、お楽しみのあとの後片付け......。

そこで、今回は、そんな憂鬱を吹き飛ばす“食器洗い”にフォーカスしたアイテムをピックアップ。便利でルックスにもこだわった、環境にも優しいアイテムをご紹介します。

小さくたためる、携帯型のキッチンシンク

© 2018 TABI LABO

料理や皿洗い、洗面などにも対応する、水を貯めるのに便利な「シートゥサミット」の折りたたみ式キッチンシンク。

水に強い素材をシームテープで処理しており、本体は完全防水。小さくたたむことで、付属のポーチに収納が可能となっています。開口部にはステンレスリングを搭載し、水を張ることで安定感のある末広がりなシンクとして自立する仕組み。

© 2018 TABI LABO

キャンプ場などで食器を洗う際、つい水を使いすぎてしまうこともありますが、このアイテムがあれば効率よく食器を洗うことが可能になります。

また、強固なキャリーハンドルを備えているので、水瓶のように大量の水を運ぶのにも便利。サイズは5L、10L、20Lの3種類で、5Lのアイテムは、犬に水を与えるためのドッグボールとしても重宝します。

キャンプサイトの近くで、簡易の水場として活躍

© 2018 TABI LABO

キャンプサイトから水場が遠いことってありますよね。水場が遠いと、調理や食器洗いの手間も増え、とくに汚れた食器類を大量にもっての移動は、できれば避けたいところ......。

そんな問題を解決してくれるのが、この「ドロメダリーバッグ」です。手がけるのは、プロの登山家たちからも熱烈に支持されるアウトドアブランド「MSR」。

軽量でタフな作りの本体に大口径のキャップを有し、スムーズに水を汲むことが可能。キャップには小さな蛇口がついているので、本体をテントポールなどに吊り下げておけば、簡易の水場として活躍してくれます。

サイズは4L、6L、10Lの3タイプ。ちなみに、「MSR」は微生物研究所も有しており、そこで研究・開発された携帯型浄水器(別売り)を連結させることもできるので、アウトドアフィールドではもちろん、震災などの“もしも”のときにも活躍してくれます。

キャンプ用の洗剤選びは、自然に優しいものを

面倒な食器洗いを効率よく、そして気持ちよく済ませるためには、洗剤選びも重要なポイントです。自然に優しいことはもちろん、使っていてテンションが上がるパッケージデザイン&カラーリングの食器用洗剤のご紹介です。

© 2018 TABI LABO

環境先進国・ドイツからやってきた「フロッシュ」。このカエルのロゴマークで、ご存知の方も多いのでは。

数あるラインナップのなかでも、食器用洗剤はドイツ国内のエコ洗剤No.1(※)にも選ばれたお墨付き。植物由来の洗浄成分で、汚れをしっかりと落としてくれます。

※ドイツ調査機関 IRIデータ(2015年7月〜2016年6月)/「フロッシュ」HP参照

© 2018 TABI LABO

“お肌や髪にやさしい天然由来成分”にこだわり、様々な製品を展開する日本のブランド「パックスナチュロン」。

「400番」と呼ばれる台所用液体石けんもまた、パーム油やパーム核油(植物油)が原料の、お肌にも自然にも優しい成分だけで作られた一品。

汚れ落ち・泡もちの良いロングセラーの台所用液体石けんです。

© 2018 TABI LABO

ベルギー生まれの洗剤ブランド「エコベール」の食器用洗剤コレクション。

環境に優しい植物由来の原材料を使用しながら、油汚れもしっかりと落としてくれます。ボトルには100%再生プラスチックを採用するなど、徹底して環境に配慮。

レモンやカモミールなど香りの種類も豊富で、自宅のキッチンでも併用したいアイテムです。

Top image: © 2018 TABI LABO
アウトドアで存在感を放つ「特選ギア&ウェア」のまとめ

関連する記事

「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
フェムテックブランド「NAGI(ナギ)」が、4月5日より学割プランを開始。
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
「ヒノキシリーズ」の消臭除菌スプレー、吹きかけるだけでフットウェアなどに着いた汚れを落としてくれる「ギアクリーナー」、使い古したウェアやテントを大切に長く...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
4月19日から、オーストラリアとニュージランド間を隔離措置なしで自由に移動できるようになると、ニュージランドのJacinda Ardern首相が発表した。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
ベアボーンズ・リビングの「プラスキアックス」と「ハチェット」、キャプテンスタッグの「全鋼馬斧 360」、バックの「バックナイフ 106 ハンドアックス」を紹介。
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
1月16日(土)、17日(日)の2日間、愛知県常滑市の「Aichi Sky Expo」を会場にアウトドアファン必見の大型イベント「Aichi Sky Ex...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
ケアに手間がかかるからこそ愛着がわくアウトドアで話題の「オイルドジャケット」をご紹介。「バブアー」「フェールラーベン」「ベルスタッフ」など人気ブランドのア...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。