アウトドア向けの機能が詰まった注目の「トラベルギア」

苛酷な状況での使用を想定して、日進月歩で進化し続けるアウトドアギアには、ユーザーがフィールドで高いパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれています。そうした機能は、アクティビティのみならず、ときに「旅」においても多くの快適さをもたらしてくれるもの。そこで今回は、旅行のパートナーにも好相性の「機能目線」で選んだアウトドアギアをご紹介します。

海外旅行にも最適
セキュアなショルダーバッグ

© 2018 TABI LABO

各国の軍隊やハンター、消防隊員など、苛酷なロケーションやシチュエーションにも対応したアウトドア製品を数多く手がける「ミステリーランチ」。

タフな作りと独創的なデザインでファッションシーンでも注目を集めるブランドですが、なかでも「A5」と呼ばれるショルダーバッグには、旅とも好相性のギミックが随所に盛り込まれています。

© 2018 TABI LABO

注目のポイントは、バッグ全体を覆うように設けられた大きなフラップで、開けるとフラップの付け根にもジッパータイプの隠しポケットが。パスポートや現金などの貴重品も安心して収められるデザインになっています。

内部には、メインの収納スペースに加え、ふたつのジッパーポケットを搭載。

鍵を固定するフックなどもレイアウトされており、コンパクトながら荷物を整理しながら収めることが可能。また、生地が二重構造になっているので、万が一バッグを切られても、すぐに内部の荷物に到達しないといったメリットもあり、まさにセキュアな工夫がなされた、旅向けのショルダーバッグなのです。

また、今回紹介するクレイジーパターンの配色は、2018年に創業者のデイナ・グリーソン活動40周年を振り返るコレクションとして発表された「THROWBACK COLLECTION」の日本別注カラー。

通常のモデルとしてブラックやコヨーテなど、豊富なカラーバリエーションが用意されているので、バックパックと合わせて取り入れるのもオススメです。

旅を通じて得た情報を
フィードバックして開発

© 2018 TABI LABO

アウトドアの機能を巧みに取り入れたギアを発信する「F/CE.®」。

最大の特徴は、シーズンごとに様々な“国”をテーマに掲げ、デザイナー自身が実際にその国を旅することで得たインスピレーションや、道中で欲した機能、利便性のためのディテールを落とし込みながら製品を作り続けているということ。

もちろんそのなかには、常にアウトドアの機能性が取り入れられています。

© 2018 TABI LABO

コレクションのなかでも、注目すべきは「ウォータープルーフレザー」を全面に使用した、ブランド初のレザーライン。

牛皮革に染めの段階で防水処理を施しており、防水機能のある特殊な染料を使用したことで、10,000mm以上の耐水圧(大雨のなかでも内部に水が浸透しないレベル)を実現しています。

コレクションはバックパックやメッセンジャーバッグのほかに、サコッシュやショルダー付きのウォレットといった小物も充実。なかでもウォレットは、内部のカードが抜け落ちないように面ジッパー式のストラップを配置するなど、細部の機能面まで配慮が行き届いたデザインが魅力。

旅行はもちろん、野外フェスなどでも活躍してくれます。

© 2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO

ミリタリーのヘルメットバッグを思わせる、大容量の手提げカバンもラインナップ。着脱式のショルダーストラップを備え、内部にはPCやペンなどの小物、ドリンクボトル用などのスリーブが細かくレイアウトされています。

シンプルなルックスなので、ビジネスシーンとも好相性です。

アウトドア仕込みの
圧倒的な防水性能

© 2018 TABI LABO

旅先での移動に欠かせないキャリアですが、ここでもアウトドアの機能は大きなメリットをもたらします。なかでも内部の荷物を守る防水性という観点では、サイクルバッグのパイオニア「オルトリーブ」の製品は、その真価を発揮してくれるでしょう。

専門メーカーとの共同開発により独自のコーティングを施したファブリックは、耐水圧100,000mm(100M)という圧倒的な防水性の高さが特徴。

オリジナルの技術である「3D溶接」や防水ジッパー「タイジップ」との組み合わせにより、普通の旅行にはオーバースペックながら、いざというときの強い味方になってくれること間違いありません。

© 2018 TABI LABO

そうしたテクノロジーをふんだんに取り入れた製品のなかには、この「ダッフルRG」のように、旅とも相性のいいモデルも。

キャリーバッグとバックパック、ボストンバッグの3つのメリットを融合させたユニークなモデルで、サイズは写真の34Lのほか、60Lと85Lをラインナップ。

34Lタイプは多くの航空機で機内持ち込みも可能なサイズになっているので、出張などのちょっとした長距離移動にも適しています。

Top image: © 2018 TABI LABO
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
アウトドアのシーンでは、今、ひとりで心安らぐ時間を楽しむソロキャンプ、通称「ソロキャン」がひそかな人気を集めています。そこで今回は、そんなソロキャンの相棒...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...