アウトドアの「荷物運び」をラクにしてくれる「背負子」に注目!

駐車場からキャンプサイトへの荷物運び、みなさんはどうしていますか? タイヤの付いた大容量のキャリアーも便利ですが、キャンプ場の路面状況が整っているとは限らず、でこぼこ道や芝生、砂地に阻まれて、スムーズに荷物を運べなかった経験もあるのでは? そこで活躍してくれるのが「背負子(しょいこ)」です。古来から荷物運びを支えてきた大定番品ですが、その機能は大きく進化を遂げ、現在も多くの現場で支持されているのです。

アウトドアで活躍間違いなしの
圧倒的な強度&軽さが自慢

© 2018 TABI LABO

無駄のないシンプルな構造で、アウトドアや撮影機材の運搬においてプロからの信頼も厚い「エバニュー」の「ラージボーン」は、骨太なアルミニウムフレームと大きな荷台が特徴。

背面長の高さ調節機能などをあえて省くことで、シンプルかつ頑丈で軽量な作りになっています。

肩幅を2段階に調節可能なショルダーベルトが搭載され、上部の左右4個所には荷造り用のフックもついています。背負う人の身体のラインに合った立体構造は、熟練した職人のハンドメイド仕上げならではのディテール。

スペアパーツも充実しているので、長く付き合うことができるロングライフなアイテムです。

オプションパーツも豊富に揃う
人気ブランドの「背負子」

© 2018 TABI LABO

使い方を選ばない高い拡充性も背負子ならではの魅力ですが、オプションパーツによるカスタム性を求めるのなら「モンベル」の「ロガーキャリア」がオススメです。

独自のバックパック用背面システムの採用により、これまでにない快適な背負い心地を実現。フレームの素材には軽さと強さを兼ね備えたアルミニウム合金を使用し、接合部は強固な溶接処理が施されています。

さらに、林業用の道具や資材などを素早く収納・運搬できるオプションバッグ「ロガーキャリア ギアコンテナ」や、フレーム下段の小さなスペースを収納に変える「ロガーキャリア エクストラバッグ」など、オプションパーツも充実。

アウトドアから現場作業まで対応する、高度な拡充性が魅力です。

用途に応じてカタチを変える
ハンター御用達の本格ギア

© 2018 TABI LABO

狩猟向けの本格的なギアなどを手がけるバックパックブランド「ミステリーランチ」の「ポップアップ18」は、背負子の機構を現代風にアレンジした注目のプロダクト。

テントポールのようにワンタッチで組み立てられるポップアップフレームが背面に内蔵されており、必要に応じて立ち上げることで、獲物などの大型の荷物を挟み込むように収納できるという、独特な構造を採用しています。

© 2018 TABI LABO

フレームを収納した状態では、一見して普通のバックパックのようなフォルムに。

メインの収納スペースは容量18Lで、随所に荷物のブレを防ぐコンプレッションストラップを搭載。内部にはハイドレーション用のスリーブも設けられています。カラーバリエーションは写真のフォリッジをはじめ、コヨーテなどの3色展開。

ギアホリックなアウトドアファンも大満足のハイテク背負子、いかがでしょうか?

Top image: © 2018 TABI LABO
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
ファッションやアウトドアのシーンで人気の「サコッシュ」を超える勢いで話題となっている「チェストバッグ」。高い機能性と利便性、そしてなによりカッコいいスタイ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
アウトドアのシーンでは、今、ひとりで心安らぐ時間を楽しむソロキャンプ、通称「ソロキャン」がひそかな人気を集めています。そこで今回は、そんなソロキャンの相棒...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...