ソロキャンでもファミキャンでも! こんな「アウトドア用グローブ」が欲しかった!

荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。カラーやルックスで選ぶのも楽しいけれど、こだわり派のアナタにはこんなモデルがオススメです。

オーバースペックを
その手で使いこなせ!

© 2018 TABI LABO

アウトドアで使用されるグローブには「ロープワーク・グローブ」や「ビレイ・グローブ」と呼ばれるカテゴリーがあります。

この「アウトドアリサーチ」のアイテムも、そんなカテゴリーに属するグローブの代表的なモデルのひとつ。

© 2018 TABI LABO

「ロープワーク・グローブ」「ビレイ・グローブ」とは、その名の通り、クライマーなどがロープを扱う際に使用することを前提に作られたもので、高い堅牢性を誇りながらもフィット感に富み、指先を使った細かな作業も可能にしているのが特徴。

クライマーの命をも左右するビレイ(クライミング時にロープなどで安全を確保すること)には欠かすことのできないギアといえるのです。

もちろん、プロユースとしてだけでなく、趣味として楽しむアウトドアの現場などでも、重い荷物を運んだり、テントやタープの設営などで活躍してくれること間違いなし。

オーバースペックなギアでしか味わうことのできない「圧倒的な安心感」を日常で楽しんでみてはいかがでしょうか。

奇跡の素材・アラミドを
使用した高性能軍手が登場

© 2018 TABI LABO

アウトドアだけでなく、何かと活躍する機会の多いグローブの大定番・軍手。でも、すぐに破れて穴が開いてしまったり、火や摩擦に弱かったりと、耐久性に不安があるのも事実……。

そんな一般的な軍手の弱点を克服しつつ、アウトドアシーンでのタフな使用にも耐えうる堅牢性を備えたのが「日光物産」の「耐切創アラミド手袋」です。

© 2018 TABI LABO

ハイテク繊維として知られるアラミドは、ナイロンやポリエステルなどと比べて格段に強靭であり、燃えにくく、刃物などでも切れにくいという特徴をもっています。

着け心地は一般的な軍手と変わりなく、価格も安価。

火や刃物を扱うアウトドアシーンで強い味方になってくれるでしょう。

老舗ランタンブランドが放つ
焚き火専用グローブ!

© 2018 TABI LABO

アウトドアマニアの間では人気の高い、ドイツ発の歴史深い灯油ランランの老舗ブランド「ペトロマックス」。1910年に創業し、約100年にわたって大きなモデルチェンジをせずにリリースされ続けてきたアイテムの数々は、まさに「無骨」の一言。

そんなアイテム群のなかでも、圧倒的な無骨さと人気を誇るのが「アラミドプロ300グローブ」というモデル。

本体を肉厚のレザーで成形し、ライナーに強靭なアラミド繊維を使用することで、高い強度と耐摩耗性、耐熱性、耐火性を実現。なんと約300度の熱まで耐えられるというのだから驚きです。

焚き火での使用を想定したロングタイプのデザインなので、大きな炎を扱うシチュエーションでも安心して作業をおこなうことができるはずです。

Top image: © 2018 TABI LABO
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
アウトドアのシーンでは、今、ひとりで心安らぐ時間を楽しむソロキャンプ、通称「ソロキャン」がひそかな人気を集めています。そこで今回は、そんなソロキャンの相棒...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
〈hands on grip(ハンズオングリップ)〉の「Tracker(トラッカー)」というグローブです。一言で紹介するなら、フィールドとシティのちょうど...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
今ではスマホもあるし、電話やメッセージでたくさんやりとりできる。でも、お互いに触れ合うことだけはできない「遠距離恋愛」。時間や体験を共有できないつらさに耐...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
イギリス製にこだわる僕にとってグローブといえば〈DENTS(デンツ)〉。200年以上の歴史があり、今でも手縫いで製作、英国王室御用達としてもよく知られる、...