タウンユースにマッチする「30L以下のバックパック」3選

じつに多くのブランドから様々な機能、デザイン、カラーがリリースされている「バックパック」。登山やキャンプといったアウトドアアクティビティでの使用が前提ならまだしも、普段使いとなるとチョイスの幅が広すぎて正解がわかりにくい……。

そんなあなたにオススメしたい、容量30L(リットル)以下でタウンユースにマッチした、さらに“語れる”トピックが満載のアイテムのご紹介です。

フラップ状の特殊構造だから実現した
圧倒的な使いやすさと優れたデザイン

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

世界最大の閲覧数を誇る旅行サイト「トリップアドバイザー」が選ぶ「トラベラーズチョイスフェイバリット」のバックパックカテゴリに選出され注目を集めている、定番ブランド「ジャンスポーツ」の「ハチェット」。

「アウトサイドコレクション」の代表的なモデルとして登場した28Lサイズのデイパックで、Uの字ジッパーによるフラップ状の特殊な構造が特徴です。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

ランドセルのように開閉するシンプルなフォルムのなかに、15インチのノートPCまで収納できるスリーブやトリコット(網状)ライナー付きのタブレットスリーブ、様々なギアポケットが装備されています。

また、10種類以上の豊富なカラーラインナップがあり、価格も比較的お手頃。

ビジネスバッグ顔負けの使い勝手のいいレイアウトに加え、適度なコンパクトさと背負いやすさ、そして優れたデザイン性から、通勤・通学はもちろん、ちょっとした旅行まで対応してくれる文句なしのアイテムといえるでしょう。

米軍特殊部隊のお墨付き!
タフネスと機能性に富むコレクション

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

アウトドアメーカーの「グレゴリー」が、かつて米軍特殊部隊のために開発・設計をおこなっていたギアのシリーズ「スピアモジュラパックシステム」を現代風にアレンジしたのが、この「スピア」シリーズです。

今回紹介する「バウンダリーデイ」というモデルも、マテリアル(素材)からデザイン、製法、耐久性に至るまで、米軍が定めた厳格な基準に準拠しており、実際に米軍の特殊部隊が使用していた「スピアパック」のコンセプトをしっかりと受け継いだアイテムになっています。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

27Lサイズの「バウンダリーデイ」は、前面に配された「モーリーシステム」と呼ばれる拡張システムが特徴。ベルトを編み込むようにしてポーチなどを装着できる帯状の構造で、カラビナなどを着けることもできます。

面ジッパーのロゴパッチは着脱式。好みのタクティカルパッチに付け替えられるといったギミックもギアホリック心をくすぐってくれるポイントです。

人気の「ミステリーランチ」の原点!
パック界の巨匠が手がけた注目モデル

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

「3ジップデザイン」でお馴染みの「ミステリーランチ」を手掛けるパック界の巨匠デイナ・グリーソン。彼が学んできた経験と知識をもとに、1975年にモンタナ州ボーズマンで立ち上げられたバックパックブランドが、この「クレッターワークス」です。

パック本体はもちろん、すべての細かなパーツに至るまで、徹底的に米国製にこだわりながら、当時のデザインやヴィンテージの雰囲気を踏襲。

最新の技術と素材を取り込んだ進化版として作られています。

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

それは、ここで紹介する「ドライジップ」においても然り。21Lサイズの本体はレトロな雰囲気ながら、「3ジップデザイン」による荷物へのアクセスのしやすさに加え、コーデュラナイロン×バリスティックナイロンによるタフさも兼備。

15インチPC対応のパデッドPCスリーブを供えるなど、機能性が求められるビジネスシーンにも対応する注目のモデルです。

Top image: © 2018 Sachihiko Koyama/STUH
andmore
他の記事を見る
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「ヒノキシリーズ」の消臭除菌スプレー、吹きかけるだけでフットウェアなどに着いた汚れを落としてくれる「ギアクリーナー」、使い古したウェアやテントを大切に長く...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
様々なタフな現場で鍛え抜かれた高機能な「家電」を厳選してご紹介! 「京セラ」「HiKOKI」「マキタ」など注目メーカーのギア&アイテムが満載です。
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ベアボーンズ・リビングの「プラスキアックス」と「ハチェット」、キャプテンスタッグの「全鋼馬斧 360」、バックの「バックナイフ 106 ハンドアックス」を紹介。
アウトドアのシーンでは、今、ひとりで心安らぐ時間を楽しむソロキャンプ、通称「ソロキャン」がひそかな人気を集めています。そこで今回は、そんなソロキャンの相棒...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
ひとりで気ままに楽しむ「ソロキャン」をグレードアップしてくれるアウトドア用のコンパクトなテーブルをご紹介。「キャプテンスタッグ」「ペレグリン・ファニチャー...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...