タウンユースにマッチする「30L以下のバックパック」3選

じつに多くのブランドから様々な機能、デザイン、カラーがリリースされている「バックパック」。登山やキャンプといったアウトドアアクティビティでの使用が前提ならまだしも、普段使いとなるとチョイスの幅が広すぎて正解がわかりにくい……。

そんなあなたにオススメしたい、容量30L(リットル)以下でタウンユースにマッチした、さらに“語れる”トピックが満載のアイテムのご紹介です。

フラップ状の特殊構造だから実現した
圧倒的な使いやすさと優れたデザイン

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

世界最大の閲覧数を誇る旅行サイト「トリップアドバイザー」が選ぶ「トラベラーズチョイスフェイバリット」のバックパックカテゴリに選出され注目を集めている、定番ブランド「ジャンスポーツ」の「ハチェット」。

「アウトサイドコレクション」の代表的なモデルとして登場した28Lサイズのデイパックで、Uの字ジッパーによるフラップ状の特殊な構造が特徴です。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

ランドセルのように開閉するシンプルなフォルムのなかに、15インチのノートPCまで収納できるスリーブやトリコット(網状)ライナー付きのタブレットスリーブ、様々なギアポケットが装備されています。

また、10種類以上の豊富なカラーラインナップがあり、価格も比較的お手頃。

ビジネスバッグ顔負けの使い勝手のいいレイアウトに加え、適度なコンパクトさと背負いやすさ、そして優れたデザイン性から、通勤・通学はもちろん、ちょっとした旅行まで対応してくれる文句なしのアイテムといえるでしょう。

米軍特殊部隊のお墨付き!
タフネスと機能性に富むコレクション

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

アウトドアメーカーの「グレゴリー」が、かつて米軍特殊部隊のために開発・設計をおこなっていたギアのシリーズ「スピアモジュラパックシステム」を現代風にアレンジしたのが、この「スピア」シリーズです。

今回紹介する「バウンダリーデイ」というモデルも、マテリアル(素材)からデザイン、製法、耐久性に至るまで、米軍が定めた厳格な基準に準拠しており、実際に米軍の特殊部隊が使用していた「スピアパック」のコンセプトをしっかりと受け継いだアイテムになっています。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

27Lサイズの「バウンダリーデイ」は、前面に配された「モーリーシステム」と呼ばれる拡張システムが特徴。ベルトを編み込むようにしてポーチなどを装着できる帯状の構造で、カラビナなどを着けることもできます。

面ジッパーのロゴパッチは着脱式。好みのタクティカルパッチに付け替えられるといったギミックもギアホリック心をくすぐってくれるポイントです。

人気の「ミステリーランチ」の原点!
パック界の巨匠が手がけた注目モデル

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

「3ジップデザイン」でお馴染みの「ミステリーランチ」を手掛けるパック界の巨匠デイナ・グリーソン。彼が学んできた経験と知識をもとに、1975年にモンタナ州ボーズマンで立ち上げられたバックパックブランドが、この「クレッターワークス」です。

パック本体はもちろん、すべての細かなパーツに至るまで、徹底的に米国製にこだわりながら、当時のデザインやヴィンテージの雰囲気を踏襲。

最新の技術と素材を取り込んだ進化版として作られています。

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

それは、ここで紹介する「ドライジップ」においても然り。21Lサイズの本体はレトロな雰囲気ながら、「3ジップデザイン」による荷物へのアクセスのしやすさに加え、コーデュラナイロン×バリスティックナイロンによるタフさも兼備。

15インチPC対応のパデッドPCスリーブを供えるなど、機能性が求められるビジネスシーンにも対応する注目のモデルです。

Top image: © 2018 Sachihiko Koyama/STUH
ありそうでなかったバックパックの登場です。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...