冬キャンプで「最高のウイスキー」を味わうための特選ギア

澄みわたった星空の下での冬キャンプの醍醐味といえば、焚き火と温かい飲みもの。なかでもウイスキーは、ホットウイスキーやカクテルなど、様々な楽しみ方ができるアウトドアシーン定番のお酒。パチパチと音を立てる焚き火をほろ酔い気分でぼんやりと眺める──。そんなリラックスタイムをさらに素敵にしてくれる、愛すべき逸品をご紹介します。

持ち運びに便利なスマートボディに
秘めた圧倒的な保温性能!

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

本体に施された特殊な二重構造が高い保温・保冷力を誇る「クリーンカンティーン」に、シンプルなフォルムの「TKPro」が登場。

注目すべきは、新たに採用された「360°プアスルーデザイン」と呼ばれる注ぎ口。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

これは、独自のねじ切り溝を取り入れることで、保温・保冷力を維持しながら、360°どこからでも注ぐことができるというもの。これなら、少し酔っていたり寒さで手の感覚が鈍っていても、確実にグラスに注ぐことができそうです。

上蓋はカップとしても使用可能で、プラスチックを一切使っていないことから、環境に優しいプロダクトともいえます。サイズは0.5L、0.75L、1Lの3種類。

オフィスや自宅などでの普段遣いにもオススメです。

ヒップポケットに忍ばせたい
ウイスキーファン歓喜の至高の逸品

©2018 Sachihiko Koyama/STUH

アウトドアでウイスキーを嗜む際の相棒として思い浮かべる人も多い、スキットル。フラスコやフラスクとも呼ばれるこのアイテムは、アルコール度数の高い蒸留酒を携帯するためのもので、古くから大人のアウトドアギアの象徴として親しまれてきました。

スタンダードなシルバーのモデルも気になるところですが、実用性&機能性とデザイン性を両立させたいなら、米国「スタンレー」のマスターシリーズにラインナップされた、マットブラックの「マスターフラスコ」が一押しです。

手の平に収まる湾曲した作りになっており、0.23Lと余裕のあるサイズ感も魅力。

フタがなくならないように一体型になっているのも嬉しいところです。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

キャンプや釣りで一杯やるのにベストな、このスキットル。同ブランドのショットグラスと組み合わせて、いつものキャンプギアにラインナップしてみてはいかがでしょうか。

外飲みでもスタイルを貫きたい
人にオススメの割れにくいグラス

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

せっかく最高のロケーションでの一杯も、使い捨ての紙コップでは気分も盛り上がらないというもの。とはいえ、ガラス素材のグラスをアウトドアに持ち出すのは心配……。

そんなときに便利なのが、「GSI」が手がけるスタッキング式のグラスコレクションです(左:ハイランド ドリンキンググラス/右:グレイシャーステンレス ネスティングレッド ワイングラス)。

© 2018 Sachihiko Koyama/STUH

グラス本体と脚が分解できるようになっており、脚(ステム)がグラス内に収まりプレート(台)がフタになることで、パッキングや持ち運びの際に破損することもありません。

素材には、化学物質を含まないBPAフリーコポリエステルや腐食に強いステンレスを使用。また、ウイスキーグラスやワイングラスなどバリエーションも豊富です。

寒い季節のアウトドアだからこそ味わえる最高の一杯のお供に、ぜひどうぞ。

Top image: © 2018 Sachihiko Koyama/STUH
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
アウトドアのシーンでは、今、ひとりで心安らぐ時間を楽しむソロキャンプ、通称「ソロキャン」がひそかな人気を集めています。そこで今回は、そんなソロキャンの相棒...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
フランス人ビデオグラファーEloiseさんとLucさんが3分12秒に「ドロミーティの冬」をまとめてくれました。