焚き火

キャンプが気持ちいい、この季節。仲のいいメンバーと遊びにいくだけなのに、なんでこんなに楽しんだろう!?今回のテーマはずばり、スポーツと焚き火です。おいしい...
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
先日「スノーピーク」と包括連携協定を締結した「関西学院大学」の神戸三田キャンパス内に、テントや焚き火といった非日常を融合させた「Camping Campu...
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
「The Local」のスウェーデン版によれば、ストックホルム県は空気が乾燥していることから住民の火の扱い方を制限しました。火事になる可能性がある場所では...
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
心が落ち着く焚き火の灯と音楽を同時に楽しめる「カプセルスピーカー」が登場。
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
「終り火」とは、あと数日で秋が終わり、雪の気配がすぐそこに感じられるころに、アウドアシーズン最後の日として集まる会。北海道北部の秘境・美深町仁宇布を舞台に...
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
11月21日(土)と22日(日)の2日間、「湖畔の時間 2020」が長野県・白樺湖にて初開催!
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第1回TOKYO MX1 20:00-20:302017年11月1日 放送出演者:小橋賢...
“キャンプブームに乗っている” と言われたらその通りなんだけど、仕事の疲れを癒したいときや、ひとりの時間をつくりたいときには、無意識に足が外へと向く。たま...
街はすっかりクリスマスモード……ですが、「冬キャンプ」も今がまさに時季。冬は必ずしもオフシーズンとは限りません。むしろ、この時期の方がキャンプサイトを広々...
例えばよく晴れた日曜日。「なんにもすることないな〜」と思ったら、最寄りの『BESS』へ足を運んでみてはどうでしょう。小さなお子さんがいて、「子供がもう近所...