どこでも手間なく焚き火できる「炎の缶詰」

たくさんのクッキーが入っているような見た目の「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、そのまま着火から4時間ほど燃え続けるようになっています。

これがあれば、キャンプ場などで気軽に火を囲めますよね。クラウドファンディングサイトのMakuakeで「持ち運べる焚き火」と商品紹介をしているのにも納得。缶詰の状態で火を起こすから灰を片付けなくていい、という点にも惹かれます。

また、「炎の缶詰」は燃え続けるだけのノーマルタイプでなく、ユーカリオイルを含んだ「虫よけタイプ」も販売しています。夏にピッタリ!

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。