シーズン到来!庭でも使える「おうちキャンプ&BBQ」グッズまとめ

今年もいよいよ「キャンプ&BBQ」の本格シーズン到来だ。

しかし、例年通り大腕を振って海や川、山の中のキャンプ場に遊びに行くことには、まだまだ抵抗があるなぁと思っている人も多いはず。

そんな背景もあり、巷で人気が急上昇しているのが「おうちキャンプ」や「おうちBBQ」。そこで今回は、自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。

なお、マンションなどの集合住宅の場合や、庭の広さ、隣家との密集度など、住宅環境によっては匂いや煙などが迷惑になるケースもあるので、十分留意しながらお外時間を楽しもう。

BBQやキャンプにピッタリ!
驚くべき「ポータブルピザ釜」

スコットランド「ooni」社製のポータブルピザ用オーブン「Ooni Fyra」
©2020 Ooni Pizza Ovens

今夏も何かひとつキャンプ&BBQギアを買い足そうと悩んでいるなら、今から紹介する「ピザ用オーブン」も選択肢に入れてみてほしい。

スコットランドを拠点にするピザオーブン会社「ooni」が製作した「Ooni Fyra」は、同社が長年製作してきたポータブルピザ用オーブンの集大成といえる最新作だ。

コンパクトで手軽に、ただし高温で焼き上げられたピザが食べたいというわがままな人のためにデザインされたこのピザ窯。洗練された見た目には、必要最低限の機能が詰まっていて、窯としての性能もお墨付きだ。

詳しく読む>>>

自宅で楽しむ自分だけの
小さな「焚き火台」

愛知県のアウトドアメーカー「BOF」製、焼肉やBBQも出来る焚き火台「FLAME Mug」
©Makuake

愛用のマグカップでコーヒーを飲むように自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台が登場した。愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」。

材質はステンレススチール、暖炉のような耐熱ガラスの開閉式の扉付き。風の影響を受けにくく、揺らめく炎をガラス窓から楽しめるというわけだ。

小型で軽量なソロキャンプ用の焚き火台なら折りたたみ式、組み立て式などいくらでも存在するが、「Flame Mug」は自宅仕様。ついでに焚き火のほか、焼肉やBBQ調理もこれ一台!

詳しく読む>>>

火起こしが楽!コールマンの
「万能BBQグリル」

「コールマン」の電動ファン付きBBQグリルの新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」
©コールマン ジャパン

「コールマン」のBBQグリルシリーズに新たに加わった電動ファン付きの新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそうだ。

同モデルは、グリル下部に電動ファンを備えており、つまみを使って送風量を調節することで、火起こしや火力アップ、弱くなってきた火力の復活も容易におこなえる仕様。火力に応じて焼網の高さを3/7/10cmに調節が可能だ。

詳しく読む>>>

キャンプBBQの「調理道具」
はこれで十分!

BBQの肉を焼く、万能&コンパクト調理道具
©WAQ株式会社

キャンプ道具の鉄則は、軽量かつコンパクトであること。できだけ荷物もスペースも減らしたいところ。かさばる調理道具はとくにそう。

そこへいくと、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた「マルチクッキングツール」は、じつに潔い。キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめている。

肉の焼き具合を確認したり、移動させるのに使う「フォーク」、ひっくり返したり肉を押さえるための「ターナー」、切りやすさと扱いやすさを両立させた「ギザ刃付きナイフ」。これ以外、肉を焼くのに何が必要だろう?

詳しく読む>>>

Top image: © 2020 Ooni Pizza Ovens

関連する記事

「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
キャンプやBBQの醍醐味といえる肉料理を手軽に楽しむため、必要最小限のギアに集約させ、コンパクトにまとめた、アウトドアブランド「WAQ」からリリースされた...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
「HELLY HANSEN」がアウトドアシーンでの“キャンプ”や“焚き火”などの活動を想定したウェアを今月中旬発売。
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
「ヒノキシリーズ」の消臭除菌スプレー、吹きかけるだけでフットウェアなどに着いた汚れを落としてくれる「ギアクリーナー」、使い古したウェアやテントを大切に長く...
シンプルで、ソリッドで、ピュアな「焚き火動画」15選をご覧あれ。ASMR的にBGMとして「音」を楽しむもよし、いろいろなロケーションの「映像」でキャンプ気...
ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
スキンケアブランドの「Aēsop(イソップ)」のトイレ用消臭芳香剤「POST-POO DROPS(ポスト プー ドロップス)」です。