焚き火から、あの「煙たさ」を排除したスグレモノ

キャンプの醍醐味といえば、やっぱり目の前で火を起こして、焚き火を囲むこと。揺らめく炎をみながらお酒を酌み交わせば、普段よりももっと、心のつながりを深く感じたりもできるもの。

だけど…風向きによっては、煙で目が痛くなったり、服に匂いが付着して燻製みたいな一夜を過ごすことに…。

その点、このファイヤーグリルときたら、焚き火なのにアレが出ないっていうのですよ。

「グリル料理」でも「焚き火」でも
煙たい想いをしなくていい

言うまでもなく、木材から煙が出る原因は不完全燃焼。水分を含んでいる生の材木では、特に起こりやすくなりますよね。じゃあ、その不完全燃焼を意図的になくしてしまおうというのが、「BioLite FirePit」です。

特殊なファンを搭載したファイアーグリルで、木材を焼いた時に出る煙を最小限に抑えてくれるんだとか。秘密は側面の電動ファン。木材に空気を送り込むことによって燃焼を促し、煙の発生を抑える設計です。

 

百聞は一見に如かず。動画でチェックしてみてください。

以下はファンのスイッチを入れてからわずか10秒ほどで白い煙が徐々に消えていく様子を捉えたもの。

A27e50644523f637015aa9b07e5d2ea4abc4bbf0Eae629638d780ac6f3c02e4888b37df79f77ffa90fc9b3590e67acd9f8700732d506c71dbc2afc63

側面のファンに併せ、本体には51箇所のエアジェットがあり、効率的に燃焼させているそう。燃焼効率にも優れているらしく、通常より少ない木材でも炎を維持することができ、経済的に見てもお得だというのだから。

758d8505e7a0fb9b378bd56c16ae5b76121c352f

操作も簡単。ただし、ここは意見が二分するところ。なぜなら、専用アプリをスマホにダウンロードして、ファンの速度を4段階から選ぶ必要があるから。すなわち、デジタルデトックス目的で焚き火を楽しみたい人たちからすれば、「そこどうなの?」な意見もあるでしょう。

にしてもです。料理などで火力が必要な場合でもHIGHに設定して豪快にグリルを楽しめたり、暖炉として使う場合にはLOWに合わせるなど、用途ごとに調節できるスグレモノ。ファンはUSB充電式で、LOWなら24時間、MEDIUMで10時間、HIGHで5時間連続して使用可能です。

Faa39273587cadf0b9e5443538f08b0181510ed7

当然、持ち運びのことも考えられています。付随するキャリーケースがこれまた秀逸でして。なんとソーラーパネル付き、カバーに本体をしまうだけで太陽光発電で充電することができる!防水加工も施してあるので、海や川での使用も安心ですね。

608a291aea814f88e69d092826a1b264c33ddbdf

アウトドアで避けて通れない煙のストレスを軽減し、炎をより快適に楽しめるこの焚き火台、すでに「Kickstarter」で資金調達にも成功しています。今シーズン、もう1本と思ってるキャンパーの必需品になるといいですね。

Licensed material used with permission by BioLite
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
このメンツにピクっと反応しちゃったあなたはもちろん、そうでない人も必見です。安心して下さい。動画を再生すれば、圧倒的な“いい感じの雰囲気”が味わえちゃいま...
TABI LABOがプロデュースするSNS連動型リアリティ焚き火番組「TAKI BITO」(11月よりTOKYO MXでスタート)。焚き火を囲み、事前台本...
手ぶらで、快適に自然を楽しむ。グランピングは、グラマラス×キャンピングの造語で、贅沢なアウトドア体験ができる新しいキャンプスタイルです。関東近辺で手軽にさ...
11月からスタートした、SNS連動型リアリティ焚き火番組「TAKI BITO」。MCとゲストが、焚き火を囲んで語り合う新しい形のトーク番組です。事前台本は...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
光。それは人類の生みだした英知の象徴。先進国の都市ならば夜でも眩しいほどに明るいですが、別の国や山に登ったり、あるいは災害に見舞われたときなどは、闇夜を照...
紙のように薄く、鉄のように硬く、プラスチックのように加工できる。それだけ聞くと夢のような素材ですが、アメリカで開発され、クラウドファンディング「Kicks...
アウトドアの季節、外で何を食べますか?バーベキューでお肉?カレー?お決まりのメニューももちろんおいしいですが、さらに本格的な料理ができたらもっと楽しいと思...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
特別な日でなくても、不意打ちのプレゼントって嬉しいものです。贈り物を選ぶときは、相手がどんなものが好きなのか、何か必要なものはないだろうかと、情報収集が不...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
キャンプだけじゃなく、公園でも自宅でもベランダでも(どこでも、ですね)使い勝手のいいフォールディングチェアを探して行き着いたのが、〈Allstime(オー...
こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザより...
Meathead Goldwynさんは、世界で最も有名なバーベキューサイト「Amazing Ribs」の編集者で、科学的な観点から調理法などを紹介する『M...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...