「おうちキャンプ」の最強クッカーがコレ!

自宅にいながらにして、焚き火でアウトドアクッキングを楽しめる━━。そんな焚き火ギアをご紹介。

©Makuake

「TAKI BE COOKER」は、香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカーだ。見た目は近年流行りのアウトドア用薪ストーブのそれ。実際、「TAKI BE COOKER」も薪をくべ、ゆらめく炎を見ながら焚き火として楽しむこともできる。

が、それだけではないクッカーとしての機能が秀逸。

©Makuake

まずは庫内で直火を使った調理。取り外し可能なをセットすれば、ピザはもちろんスキレットを載せたり、ダッチオーブンで蒸し料理やパンを焼いたり。

©Makuake

さらには天面でもクッキング。五徳のマークが印字された天面部分は、煮込み料理に最適。薪を多めに入れればグツグツ、とろ火ならばじっくりコトコト煮込むこともできる。また、地面を保護する遮熱板の上にバットや鉄板を置けば、料理の保温にも役立つ。

©Makuake

フロントウィンドウはガラスを採用。火が爆ぜて飛び散ったり、炎が立ち上がる危険はなく安心して焚き火と調理を楽しめる。

また、煙突の最下部には自動車の排気管にも使われる触媒を装備することで、煙の出にくい構造を採用。都市部での利用にもうれしい機能だ。

ちなみにボディはホーロー加工が施され、カラバリも充実。耐熱塗料だと暗い色になりがちだが、ホーローならではの淡い色合いもキレイに表現されている。

煙突まで立ち上げた全高は1485cm、重量は18kgとそこそこ。ジャパンメイドの「TAKE BE COOKER」今なら通常価格の30%OFFで9万860円(税込)

TAKI BE COOKER

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/tifg_takibecooker/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

焚き火に安心感を求めた大型焚き火台「炎箱(ほむらばこ)」を紹介。
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
自宅の庭などでも楽しめるキャンプ&BBQアイテムをまとめてご紹介する。「キャンプ&BBQ」の本格シーズンが到来するも、海や川、山への外出はまだまだ抵抗があ...
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
5パターンに変化する焚き火台「トランスフォーム焚火台」
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
「HELLY HANSEN」がアウトドアシーンでの“キャンプ”や“焚き火”などの活動を想定したウェアを今月中旬発売。
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
香川県の鉄工所によるアウトドアブランド「THE IRON FILED GEAR」が作った「TAKI BE ITA」は、わずか8.3mmの板になる、カンタン...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第1回TOKYO MX1 20:00-20:302017年11月1日 放送出演者:小橋賢...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
スキンケアブランドの「Aēsop(イソップ)」のトイレ用消臭芳香剤「POST-POO DROPS(ポスト プー ドロップス)」です。