普段使いしたくなる「防災グッズ」

備あれば憂いなし━━。

だけど、肝心の備えが納戸や収納棚の奥にあっては、もしもの際に手が届かなかったり、出したい時にすぐ出てこない、なんてことにもなりかねない。

ならば、毎日使えるモノ災害時にも応用が効く方がベター。という発想から生まれたのが「防災ふろしき」だ。

普段使いにこだわって製作したというだけあって、デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。

©Makuake
©Makuake
©Makuake

結び目をつくれば、ご覧のとおりエコバッグに早変わり。冷たい風が吹く日はストールとして使ってもいい。急な雨にもササッと頭の上から被って雨対策レジャーシートとしても使える。

超撥水素材だからシミ汚れの心配もないし、タテヨコ約1mならモノ入れてを運ぶにも、コンパクトに畳んでカバンに収納しておくにもちょうどいい。

と、いうことを考えるとエコバッグ以上に用途があるんじゃなかろうか。なにより、これが日常にも使える防災グッズだという観点を、いま一度思い出していただきたい。

©Makuake
©Makuake

必要最低限のモノを運び、寒さや雨の対策として、避難所の床に敷き、もしかしたらバ水を運ぶバケツの代わりにもなる。「もしも……」のときを見据えて、まずは自分に1枚。価格は4730円(税込)

まもなく、東日本大震災から10年の日を迎える。あらためて、“備あれば”の意識を大切にしたい。

防災ふろしき

【購入ページ】https://store.shopping.yahoo.co.jp/i-crtshop/bosaifuroshiki.html

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
「LightDisc Solar」は、太陽光エネルギーを内部バッテリーに保存するソーラー充電器。
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
防災のプロが監修した、クッションとしても普段使いが可能な寝袋「SONAENO」が登場。痒いところに手が届く、便利な機能を多数搭載!
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
今年は、新型コロナウイルスの感染拡大も相まってか「備えること」の重要性を再認識した年。いろいろなメーカーから“もしも”のときのための新たな防災グッズがリリ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
世界最小の火力発電機、25年保存できるシチュー、たためるヘルメットなど。42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
東日本大震災から10年目となる3月11日、「甘い非常食」を詰め込んだ、「こころ咲く BOUSAI BOX」が発売。山形県山形市「有限会社西谷」のママ防災士...
太陽光の反射原理を用いて着火する、アウトドア&防災グッズが登場。使い方もカンタンで、便利なコンパクトサイズは持ち運びにも便利。
生地を貼り合わせるだけで包める、結ばない風呂敷「KIZUNA FUROSHIKI」をご紹介。
3月25日は「市民災害の日」。「洋服の青山」は、下取りサービスで回収した衣類から作った「防災毛布」を昨年に続いて寄贈した。