普段使いしたくなる「防災グッズ」

備あれば憂いなし━━。

だけど、肝心の備えが納戸や収納棚の奥にあっては、もしもの際に手が届かなかったり、出したい時にすぐ出てこない、なんてことにもなりかねない。

ならば、毎日使えるモノ災害時にも応用が効く方がベター。という発想から生まれたのが「防災ふろしき」だ。

普段使いにこだわって製作したというだけあって、デイリーユースの要素を満たし、なおかつ風呂敷という性質を活かした多機能さがウリ。

©Makuake
©Makuake
©Makuake

結び目をつくれば、ご覧のとおりエコバッグに早変わり。冷たい風が吹く日はストールとして使ってもいい。急な雨にもササッと頭の上から被って雨対策レジャーシートとしても使える。

超撥水素材だからシミ汚れの心配もないし、タテヨコ約1mならモノ入れてを運ぶにも、コンパクトに畳んでカバンに収納しておくにもちょうどいい。

と、いうことを考えるとエコバッグ以上に用途があるんじゃなかろうか。なにより、これが日常にも使える防災グッズだという観点を、いま一度思い出していただきたい。

©Makuake
©Makuake

必要最低限のモノを運び、寒さや雨の対策として、避難所の床に敷き、もしかしたらバ水を運ぶバケツの代わりにもなる。「もしも……」のときを見据えて、まずは自分に1枚。価格は4730円(税込)

まもなく、東日本大震災から10年の日を迎える。あらためて、“備あれば”の意識を大切にしたい。

防災ふろしき

【購入ページ】https://store.shopping.yahoo.co.jp/i-crtshop/bosaifuroshiki.html

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
「LightDisc Solar」は、太陽光エネルギーを内部バッテリーに保存するソーラー充電器。
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
新しいスタイルの除菌グッズ「その場で作る除菌ウエットタオル」が、「防災の日」である今月1日(火)に公式オンラインショップにて発売開始となった。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
防災のプロが監修した、クッションとしても普段使いが可能な寝袋「SONAENO」が登場。痒いところに手が届く、便利な機能を多数搭載!

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。