「津波被害」を契機に考案された「クッション」

気がつけば、いつの間にか私の周りには「基本の防災グッズは持ってるよ」という友人が増えていました。

この10年間、みんないろんなことを考え、いろんな行動を起こした結果なんだと思います。

でも、備えることに終わりはないのかもしれません。知らなかったけど、「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。

42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP(セイショップ)」おすすめの、これから買い足すべき「+α」の防災グッズを紹介します。 

今回は、津波被害を契機に考案された「秘密のクッション」

クッションのなかから
出てくるものは……

©2021 NEW STANDARD

私たちが備えるべき「地震」では、建物の倒壊やライフラインの断絶だけが起こるわけではありません。2011年の東日本大震災で、あれほど多くの人命が奪われた最大の要因は「津波」だといわれています。

この「浮くっしょん」と名付けられた商品は、まさに東日本大震災で、津波による溺死者が多かったことを教訓として考案されたもの。一見すると、39cm×39cmのクッションなのですが、じつはカバーのなかには「ライフジャケット」が収納されています。

©2021 NEW STANDARD

製造・販売元は、アウトドアメーカーとして絶大な信頼と人気を誇る「モンベル」

本体には装着手順が大きくプリントされていますが、実際、丸い穴から頭を通し、お腹周りと股の下からくぐらせたベルトを体にフィットするよう締めるだけなので、装着も簡単

耐久性と柔軟性に優れ、高い浮力を発揮する高性能な素材の浮力体が、仰向けに体を浮かせてくれるうえ、気を失っても気道を確保できるよう、後頭部が反り上がった設計で頭を支えてくれます。

また、付属品としてお腹部分には水濡れに強い合成紙でできた「IDカード」「緊急用ホイッスル」も。

これだけの実用性を備えたアイテムですが、普段はクッションとして日常使いできるのがスゴイところ。クッションカバーのデザインも、数種類から選べます。

©2021 NEW STANDARD

2019年10月に発生した「令和元年東日本台風」を覚えているでしょうか。宮城や福島、栃木などをはじめとし、東京や神奈川などの首都圏でも、河川の氾濫によって建物の2階相当まで水没する危険性があるというニュースが流れたり、実際に水没の被害にあったエリアも。たとえ内陸部に住んでいても、「水害」の恐怖を身近に感じたという人も多かったと思います。

地球の温暖化によって、集中豪雨やそれに伴う洪水被害なども確実に増えつつあります。地震が来なくても、津波が想定されるエリアに住んでいなくても、じつは水害は身近な存在です。

緊急時はもちろんですが、普段の海や川遊びの際、泳ぐ練習の補助具としてこの「浮くっしょん」を使って馴染んだりしておけば、いざというときも慌てずに行動できて一石二鳥かもしれません。子ども用もあります。

©2021 NEW STANDARD
mont-bell/YouTube

浮くっしょん

【オンラインショップ】https://www.seishop.jp/shopdetail/000000000632/

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

防災のプロが監修した、クッションとしても普段使いが可能な寝袋「SONAENO」が登場。痒いところに手が届く、便利な機能を多数搭載!
9月1日は「防災の日」。近年の自然災害の多発により、オフィスや自宅での防災用品の備蓄や保管が増加傾向にあるなか、「女性視点」でセレクトした防災セットを「ア...
3月1日は防災用品点検の日。今すぐダウンロードしておきたい「防災アプリ」や、ラジオや土のう袋などの防災グッズ。いざという時に「今ある食料で1週間家族が過ご...
オーガニックコットンブランド「プリスティン」から、女性のための多機能防災セット「Emergency Pack」が発売。実用的なだけではなく、肌触りのいいフ...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上、災害用長期保存食のパイオニアとしてあり続ける株式会社セイエンタプラ...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
正しい「あぐら」をかくって、結構難しいかも。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。42年以上の、災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI...
日用品を多めに備蓄し、使った分だけ買い足すことで、「もしも」のときに備えられる「ローリングストック」に適した乾電池「防災電池」が登場。10年の長期保管が可能。
「防災カルチャー」を発信するセレクトショップ「SAIBOU PARK」が誕生。話題の防災グッズの販売をはじめ、ウェブマガジンの発行やイベントの開催など充実...
世界最小の火力発電機、25年保存できるシチュー、たためるヘルメットなど。42年以上に渡り、災害用長期保存食(備蓄食)のパイオニアとしてあり続ける株式会社セ...
3月25日は「市民災害の日」。「洋服の青山」は、下取りサービスで回収した衣類から作った「防災毛布」を昨年に続いて寄贈した。
「聞けば確かに」 と誰もが納得する防災グッズが、まだまだある。災害用長期保存食のパイオニア、株式会社セイエンタプライズ「SEI SHOP」が...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Makuake」にて先行販売を実施中の「MUZOSA X-PAC」は、素材に「X-PAC」を採用し、耐久性、防水性共に優れ、しかも軽量。鍵、紙幣・硬貨、...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。