16本のクッションが、あなたを「引きこもり」にする。

ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。

それなら、ひとつで何役にもなるこんな「チェア」はいかがでしょう。

クッションをカスタムして
自由自在に楽しんで

16本の赤いクッションが突き刺さったこの「manet」は、それぞれ簡単に抜き差しが可能。その時の気分やアイデアに合わせて、形を変えられちゃいます。

たとえば…

読書をする時は、クッションの向きを変えて本を支えたり。

パソコン台にもなるし、

チルモードの時には、クッションの山を豪快にかき分けて。

クッションを1本外して枕にすれば、快適な寝床にも。

「いえーい」とジャンプインすることだって!

イタリア職人の
手仕事を味わおう

デザインを手掛けたのは、イタリアの「BEST BEFORE 2065」。ミラノ郊外・ブリアンツァの職人の手によって作られています。

クッションは洗濯可能な100%ポリエステル生地で、抗菌処理されています。ボックスの部分はMDF材が使われており、耐久性の高さという意味では機能性も兼ね備えています。

クッション単体でも使えそうだし、部屋のアクセントに取り入れてみるのもありかも?

Licensed material used with permission by Best Before 2065, (Facebook), (Instagram), (Pinterest)
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
正しい「あぐら」をかくって、結構難しいかも。
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
誰もがなったことがあるであろう「ゲシュタルト崩壊」。これにインスピレーションを受けた家具って一体どんなだ?
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。