16本のクッションが、あなたを「引きこもり」にする。

ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。

それなら、ひとつで何役にもなるこんな「チェア」はいかがでしょう。

クッションをカスタムして
自由自在に楽しんで

F79befdccba27b103f205d45805ac773b9fa1241

16本の赤いクッションが突き刺さったこの「manet」は、それぞれ簡単に抜き差しが可能。その時の気分やアイデアに合わせて、形を変えられちゃいます。

たとえば…

F122aa316d1683fb890fb0db820b6eaf88bc3dd4

読書をする時は、クッションの向きを変えて本を支えたり。

A0b2c57bd9e02d5d36aa6c3b02ee2d871fc6163d

パソコン台にもなるし、

33e2f1ed0e89b8c533932ae15bf8523645fad85d

チルモードの時には、クッションの山を豪快にかき分けて。

B6d889d231d2a04d67dd1d223e420eebd7f21920

クッションを1本外して枕にすれば、快適な寝床にも。

550e49b88af1f6acb0144e46667086c510d77478

「いえーい」とジャンプインすることだって!

イタリア職人の
手仕事を味わおう

デザインを手掛けたのは、イタリアの「BEST BEFORE 2065」。ミラノ郊外・ブリアンツァの職人の手によって作られています。

Aa6b196be15d58c1a3ee139542721e0a74ecf179

クッションは洗濯可能な100%ポリエステル生地で、抗菌処理されています。ボックスの部分はMDF材が使われており、耐久性の高さという意味では機能性も兼ね備えています。

Db9a7eb3e639ffc94efe2f1827a1be45d9afcb27

クッション単体でも使えそうだし、部屋のアクセントに取り入れてみるのもありかも?

Licensed material used with permission by Best Before 2065, (Facebook), (Instagram), (Pinterest)
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
誰もがなったことがあるであろう「ゲシュタルト崩壊」。これにインスピレーションを受けた家具って一体どんなだ?
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「坐禅」には、専用のクッションがある。名前は「座蒲(ざふ)」。高さと硬さが坐禅仕様になっていて、日本の職人が心をこめて手づくりしている。坐禅は近年、僧侶の...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
恋人とふたり、テレビの前でゴロゴロしながらうたた寝。なんてシチュエーションで、まず間違いなく活躍できそうなくつろぎグッズを見つけました。こんな中でヌクヌク...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
リビングにいても、キッチンにいても、本を開いた途端、そこが図書館になる。それならば、もういっそのこと、どっぷり本の世界に浸ることができる家具をつくりたい。
果たして、これでリラックスできるんだろうか…(笑)。
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...