コレさえあれば倦怠期知らず!「多目的クッション」にやさしく包まれたい

恋人とふたり、テレビの前でゴロゴロしながらうたた寝。なんてシチュエーションで、まず間違いなく活躍できそうなくつろぎグッズを見つけました。

こんな中でヌクヌクしてたら、もうシアワセでしかない!

しあわせな二人をサンドする
円形パッドの正体は?

そもそも、いったいこれが何なのかといえば、「自在にカタチを変える円形のパッド」と呼ぶのが正解だそう。制作はイタリアのデザインメーカー。このざっくりでファジーな感覚も、イタリア人気質を表していていいじゃない。

さて、その円形パッド(名前は「Blandito」)ですが、ワッフルのクリームやタコスの具のように二つ折りにサンドされるだけが、このプロダクトの使い方ではありません。じつは、変幻自在に姿かたちを変え、密着度だって自在に変えられる、多目的クッションというのが最大のセールスポイント。

くつろぎは自分でつくる
多目的クッション

円形パッドの周囲には、全部で8つのホールが開いていて、そこに付属の留め具を通し、好きなように折り重ねたりねじったりしてカタチを自分でつくっていきます。するとワッフル型のふとんが、こんな具合に大変身。

ソファにも、ゆりかごのようなチェアにも、折り込めばベビーベッドにも変身したり。せまい部屋でもシーンに合わせてBlanditoのカタチを変えることで、楽しい時間が過ごせそう。

100%オーガニックコットンの生地は3色(赤、青、黄色)。サイズもS.M.L展開で、モデルの男性が足を伸ばしてもゆったり直径200cmのLが481ドル(約5万円)ほど。別途シッピングフィーはかかりますが、こちらから購入も可能のようです。

変形の様子をイメージしやすい動画もどうぞ。

Licensed material used with permission by BLANDITO®
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
正しい「あぐら」をかくって、結構難しいかも。
現在「INDIEGOGO」で資金調達中の「The Buttress」。見た目はまるでお尻のこのクッションは、触り心地もふわふわで、つい一緒に眠りたくなりそ...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。