コレさえあれば倦怠期知らず!「多目的クッション」にやさしく包まれたい

恋人とふたり、テレビの前でゴロゴロしながらうたた寝。なんてシチュエーションで、まず間違いなく活躍できそうなくつろぎグッズを見つけました。

こんな中でヌクヌクしてたら、もうシアワセでしかない!

しあわせな二人をサンドする
円形パッドの正体は?

56412245c6353aaa5e83cefe875ed9417b1e4603

そもそも、いったいこれが何なのかといえば、「自在にカタチを変える円形のパッド」と呼ぶのが正解だそう。制作はイタリアのデザインメーカー。このざっくりでファジーな感覚も、イタリア人気質を表していていいじゃない。

さて、その円形パッド(名前は「Blandito」)ですが、ワッフルのクリームやタコスの具のように二つ折りにサンドされるだけが、このプロダクトの使い方ではありません。じつは、変幻自在に姿かたちを変え、密着度だって自在に変えられる、多目的クッションというのが最大のセールスポイント。

くつろぎは自分でつくる
多目的クッション

5ce7476720f762a5c8a126b138093053e42ddd5f

円形パッドの周囲には、全部で8つのホールが開いていて、そこに付属の留め具を通し、好きなように折り重ねたりねじったりしてカタチを自分でつくっていきます。するとワッフル型のふとんが、こんな具合に大変身。

A655b77544c317535c1da338dbfd8071f6d095ae0a08752fc8437ce5f8059b52ad1590eb7721562bE16c46954a6da70ea6f1b1ebde112415031c0f78F10771a1c5c0319532314a74ce889cfcbda019bc

ソファにも、ゆりかごのようなチェアにも、折り込めばベビーベッドにも変身したり。せまい部屋でもシーンに合わせてBlanditoのカタチを変えることで、楽しい時間が過ごせそう。

100%オーガニックコットンの生地は3色(赤、青、黄色)。サイズもS.M.L展開で、モデルの男性が足を伸ばしてもゆったり直径200cmのLが481ドル(約5万円)ほど。別途シッピングフィーはかかりますが、こちらから購入も可能のようです。

変形の様子をイメージしやすい動画もどうぞ。

Licensed material used with permission by BLANDITO®
ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。それなら、ひとつで何役にもなるこ...
現在「INDIEGOGO」で資金調達中の「The Buttress」。見た目はまるでお尻のこのクッションは、触り心地もふわふわで、つい一緒に眠りたくなりそ...
「坐禅」には、専用のクッションがある。名前は「座蒲(ざふ)」。高さと硬さが坐禅仕様になっていて、日本の職人が心をこめて手づくりしている。坐禅は近年、僧侶の...
考えてみれば当然のことですが、ふつう妊婦さんはうつぶせになれませんよね。臨月までお腹はどんどん大きくなっていくので、寝るときは横になっても仰向けになっても...
さまざまな事情で犬や猫を飼えない人におすすめしたいのが『Qoobo』のクッション型セラピーロボット。「しっぽ」の形をしたこのクッションは、なでるとしっぽを...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
誰もがなったことがあるであろう「ゲシュタルト崩壊」。これにインスピレーションを受けた家具って一体どんなだ?
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
恋人に求める条件……「やさしさ」。これ、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn ...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
自宅で扱うノートパソコン。どこへでも持ち運べる利点を生かすからこそ、ソファやベッドの上が作業場となる。けれど、意外に効率が良くないと感じた経験があるはずだ...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
何度も、何度も、ときめいていたい。