ひとり占めできる「癒やしのお股」

最強寒波にさらされる近頃、カラダを震わせながらオフィスから帰宅するのだけれど、「やっと温かい部屋で過ごせる〜」と思う反面、ひとり暮らしの誰もいない空間はやはり「寂しい…」と思ってしまう。

あぁ、ぬくもりが恋しい──。

こんな思いがふと過ぎる。こんなふうに感じている人は他にもいるはず。だからこそ紹介したいアイテムがある。

The Buttress」と呼ばれるクッション。ホンモノとはいきませんが、ふっくらした“お尻”と“お股”が、疲れた心と体を癒やしてくれるはず。

使い方は自由自在!
「フェチ」にはたまらな〜い

突然ですが、お尻や太ももの間のお股って気持ちイイですよね〜。「変態か!」って突っ込まれそうですが、ぷにぷにしてるし、こんなホンネが出るのもしょうがない。

でも自分や恋人のソレを触っているわけにもいかないので、その衝動を代わりにクッションで補うっていうのはどうだろう?

クッションだけど、見た目もぷりっとしていて、ジーっと見ていると本物に見えてくるのは自分だけ?

こんなふうに、ボフッと顔を埋めて眠るという夢のよう〜なこともできちゃうのだ。これなら快眠できること間違いなし!?

よりリアルなお尻に近づくために…

ちなみに、クッションには高反発素材として寝具にも用いられる天然ラテックスが使用されています。より自然なお尻に近づけられるようにと、適度な弾力と柔らかさを追求した結果、この素材が選ばれたのだそう。

だから動画にうつっているように、弾力感があるんですね。う〜ん、納得。

また、開発チームによると、将来的には買う人の理想にあった形やサイズに合わせて、カスタマイズできるようにしたいんだとか…!クッションカバーも今後はバリエーションを増やしたいと考えているそうで、理想のおしりと寝ることができる日も近いかも!?

このクッションの凄いところはギャグだけでは終わらないところ。頭と首にしっかりフィットするよう、仰向けで寝る時も俯せて寝る時も、カラダを痛めることなく安眠できるような形になっているという。

心にも身体にも優しいクッションなのだ。

「The Buttress」は現在「INDIEGOGO」で資金調達中。柔らかなお尻やお股に癒やされて眠る幸せを手に入れたい人は、こちらをチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by Buttress
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
サウスカロライナ州グリーンビルのベルモント消防署では、9人の消防隊員と50人のボランティア、そして1匹の猫が働いています。猫の名前は炎を意味する「フレイム...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
てくれるし、哀しいとき、ツラいときにはそっと寄り添ってくれる――。これって少しでも音楽が好きな人なら誰しも経験したことあるのでは?個人的にもナーバスなとき...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...