ガーデニングにおすすめのアイテム8選

おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりするのはとっても楽しいけど、メンテナンスって大変だなぁ……と思うこともしばしば。

そんな時、あったら便利だなぁって思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。

便利なだけじゃなくて、せっかく楽しむのなら、気分のアガるかわいいガーデニングアイテムもほしいですよね。そんなポットカバーやプランター、ジョウロ選びの参考にもなれば嬉しいです。

植物に水をあげると色が変わる
不思議な「ポットカバー」

©福永紙工ネットショップ「かみぐ」

お花を育てている人、今から育てたいと思っている人で、せっかくだからかわいい鉢が欲しいなと思っている人におすすめなのがこちら。

ぱっと見た印象はシンプルなデザイン。でもこれ、素材は「紙」で出来ていて、水やりすると、どんどん色が変化していく不思議なポットカバーなんです。

詳しく読む>>>

廃墟を育てる「プランター」

©Pull Push Products.

たまに田舎で見かける「誰も住んでいないんだろうな」と感じる、冷たい雰囲気の建物。時の経過とともに、壁や天井にどんどん緑が生い茂っていきます。まるで植物が新しい暮らしをはじめたように思えて、こうなると、どこかあたたかさを感じてしまいます。

そんな気持ちを自宅で楽しめるプランターを見つけました。雨風にさらされるほど、絶妙な質感になっていきます。

詳しく読む>>>

北向きのお部屋で植物を育てる
ための「フレーム」

©Kauppi & Kauppi

いつなんときでも陽が差し込んでくる「南向き」とは違って、「北向き」のお部屋はあまり陽が当たりません。

そんなお部屋で植物なんて育てたら、枯れちゃわない?

大丈夫。陽が差し込まないお部屋でも、観葉植物たちが枯れない、かつ絵になる「フレーム」があるのです!

詳しく読む>>>

一台二役!
「花瓶」兼、「ジョウロ」

©Aristotelis Barakos

観葉植物に水やりするとき、みなさんはどんなジョウロを使ってますか?

最近おしゃれなジョウロもたくさん売ってはいるけど、なんせ形状的に場所をとるもんだから、見えない所にしまっておくにも邪魔になる。出しておくにも生活感が急に出るからイヤ。

植物を育てている人ならわかると思うこの悩みを解決してくれる2WAYアイテムをご紹介します。

詳しく読む>>>

「アボカドを育てる専用キット」

© ILEX STUDIO LONDON

日本のみならず、世界的に人気の食材アボカド。

そのアボカドを、食材としてではなく、植栽として、インテリアとして捉えたコチラの商品。砂時計のような形の花瓶にアボカドの種を入れれば、茎や葉の成長だけではなく普段土の中に隠れていて見えない根っこの成長まで見ることができちゃいます。

こういうちょうどいいサイズの洒落た瓶って、探してみると、なかなかないものですよね。

詳しく読む>>>

「全自動の家庭菜園マシーン」

©FarmBot

ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったら、結構大変……。

ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのです!

種を植えたり、土の湿度を測って適量の水をあげたり。設定通りに面倒をみてくれる、ひみつ道具みたいな設備がすでに販売されていたりして……。

詳しく読む>>>

「草むしりロボット」

©Franklin Robotics

お庭や家庭菜園には定期的なメンテナンスも必要ですが、めんどくさがり屋にはこんなアイテムもありますよ。

ルンバみたいなこの子は、床ではなく土専用。庭刈りロボット「Tertill」くんです。

上部ついているスクリーンみたいなものは、太陽光をエネルギーに変えるソーラーパネル。そのため充電をする必要もなし!なんてお利口なんでしょうか。この子が頑張って庭を駆け回ってくれている間、ゆっくりティータイムもできちゃいますね。

詳しく読む>>>

「日向や日陰を求めて
移動するロボット」

© Vincross / HEXA

本当に生きているみたいなこのロボットは、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するというもの。

それどころか、水が足りてない時にはイライラします。

すごい!……けど、動きがかなり気持ち悪い(笑)。

詳しく読む>>>

Top image: © Pull Push Products.
Top image: © Vincross / HEXA

関連する記事

手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
多くのサステイナブルなアイテムが登場した2020年。まだ何も取り入れていないという人に向け、比較的取り入れやすいおすすめのものを7つ紹介する。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。