植物のために日向や日陰を求めて移動するロボット

本当に生きているみたい!

HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。それどころか、水が足りてない時にはイライラします(笑)。

ただし、植物を育てるためだけに開発されたロボットじゃありません。誰でもアプリを使って簡単にプログラミングをできるのが「HEXA」のイイところ。

自由に動きをコントロールできるなら、いろいろな使い道がありそうですね。

©Vincross / HEXA
©Vincross / HEXA
©Vincross / HEXA
Top image: © Vincross / HEXA
他の記事を見る
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...