ついに「無人の立ち食いそば屋」が誕生!?

エキナカや駅のホームの立ち食いそば屋が無人になる日が!?

ベンチャーへの出資や協業を推進する「JR東日本スタートアップ」と、調理ロボットサービスを開発する「コネクテッドロボティクス」が、駅そばロボットの開発エキナカ飲食店のロボット化に向けて提携をスタート。

このたびの提携では、エキナカ飲食店での人手不足の深刻化、コロナ禍による非接触の接客ニーズの拡大を受け、駅そば店舗における、調理ロボットに特化したAIや制御技術を活用したロボットテクノロジーによる革新を目指すという。

すでに「そばいちnonowa東小金井店」にて実証実験をおこなっており、有効性の検証が十分に確認できたとのこと。

今後は、駅そばをはじめとしたエキナカ飲食店にもロボットテクノロジーを導入していくそうだ。

安定したフローのもと、素早く、常に一定のおいしさを保つそばが食べられるうえ、店舗経営にも優しいこのプロジェクト。今後の発展に期待が高まるばかりだ。

Top image: © iStock.com/Ratchapoom Anupongpan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
JR渋谷駅山手線外回りホームにて、無人のラーメン店「モッチッチ ステーション」が期間限定でオープンする。同店は、店舗運営から店内掃除まで、全てが無人で行わ...
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
2021年1月に配送予定の「Petoi Bittle」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて6000万円以上の資金調達に成功した小型ロ...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
自動配達ロボットの開発を手がける中国のスタートアップ「新石器(Neolix)」と「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がコラボレーションを実施。そして、...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
そば処⼭形で、地元そば粉「最上早⽣」を使って「⼗割そば」にこだわったそばを提供しているという「⼤蔵⼭蕎⻨ねぎぼうず」が発売した「手作りそばキット」。そば作...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
イギリスは、新たな政策としてAIによって代替される仕事に就く労働者向けの研修制度を始める。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。