少食の僕が唯一おかわりをしていた、宮崎県都城市にある山奥の「そば屋」

遠い、だから美味い。

芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。

「美味い、もう一丁!」

Ffef4777b2b6ae72702ec375e21e6eab1baacf48

宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそば屋「がまこう庵」。霧島連山の麓に佇むお店では、美味しいそばを味わうことも、古民家の落ち着いた雰囲気でほっとひと息つくこともできる。

「ごちそうさま!山奥へ来た甲斐があったよ」。僕の独断で車に乗せられ、曲がりくねった山道の車中を耐え抜いた友人たちは、あっという間に食べ終わり、口を揃えて言う。ふと気づくと「食べきれない」なんて言っていた女子学生も、ペロリと大盛りを平らげている。

ここは両県の中心部から車で80分と、少し離れた場所にあるけれど、だからこそ、ついたくさん食べたくなるほどの「こだわりのそば」が生まれるのである。

30628db6588c0a07f57057dcff10f0f5cf2fca45

温度差が活きる、そば作り

3059621c569ec6a4490b71fb0e5b7e6b9348118c

がまこう庵のある霧島盆地では、昼夜の温度差が大きく、良質で香り高いそばを育てることができる、まさにそば栽培に適した場所。そんな環境を活かして生産された原料から、もちろん製法までこだわる。

例えば、そばは熱に敏感な食材だけど、ここでは香りが失われないように摩擦熱の少ない「石臼」を使い、きめ細かい自家製のそば粉を作る。

石臼挽きの自家製そば粉を使って、湧き水で打つこだわりのそばは、霧島連山の「恵み」に囲まれた「がまこう庵」でしか食べることのできない一品なのだ。

Db0cf7b993aabe24be2d1af37ce3e9cb302b7ee95bfa439e81ab4159fca0668fcfd2a2ec558feb2f6d3b31d403e2240bc4fd586c508c161fc9fe487aBeeabed36aa0b0e67bb30c360d75281e0297850f4ab0701b5ab03952317a8e3ef2a2f3d2fd25ac17223c6234d8b01b628e9638ed457bfe9f5b8a86ed61546092aec9ab45b1fcfb210deee2f834e938c04463c7293a25853291636013bb237df5928bf4b5

「おかわりください」。

15年前、少食だった僕が唯一おかわりしていたのが、ここのざるそば。当時は親に連れて行ってもらっていたけれど、今では自分で車を運転して行けるようになった。何年食べ続けてもおかわりせずにはいられないそばと、伸びをして深呼吸したくなる豊かな自然は、長年変わらない。

お店の周辺には、日本の滝100選のひとつ「関之尾の滝」や「霧島神宮」、晴れた日には錦江湾越しに桜島を一望できる「道の駅霧島」もあり、観光も楽しむことができる。

98d4466eae2d193d9c232f556cc9ac4671595f4b

がまこう庵
住所:宮崎県都城市吉之元町5186
営業時間:午前10時〜午後5時
定休日:毎週火曜日・第1水曜日(祝日の場合は営業)
電話番号:0986-33-1226

Licensed material used with permission by がまこう庵
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...