店長は、学生がリレーでつなぐ。油津のゲストハウスが3代目を募集しているらしい

「自分の何かを変えたい」「何かおもしろいことをしたい」と思っていたら、現役の学生でゲストハウスの店長になってしまったというから、人生なにが起こるか分からないものですね。

日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿泊施設。

お店の名前には、日南や油津のファンになってもらいたい、というメッセージが込められているそうですが、代々 “学生がリレー形式で店長をつないでいる” というのも気になるところ。

5382172298969088

リアルなDIYに
親近感

6212690930302976

…とはいえ、学生が安く泊まれればOK、みたいな雑さはなく、クイーンタイプやファミリータイプの部屋もあるのでご安心を。ドミトリーだけに押し込まれるサマを想像した人にとっては「意外とキレイ!」な空間です。

学生たちによるDIYの痕跡も味わい深く、逆に清々しい気分にさせてくれます。

プロ野球のキャンプが始まる2月は、かなりの大忙しになるそうです。

6164449857634304

こちらは、ドミトリータイプ。1人1泊2,500円〜。

6326584067751936

ここは、宿泊者専用のコモンスペース「チャットルーム」。他の宿泊者と交流したり、ゆっくり本を読んだり、思い思いに過ごしてOK。

53314479298969604960032445693952

夜にはBarになります。大画面でスポーツ観戦するもよし。お互いに気をつかわない感じがいい。

46575766879600645380021594095616

必要最低限なものは揃っているから、ところどころに見える「ゆるさ」も居心地の良さにつながっているのかもしれません。

「3代目も学生に
引き継いでもらいたい」

4692142584758272

2代目店長、井上平蔵さんに話を聞きました。

「自分のやりたいこと、情熱を傾けられることがなかなか見つからずにいました。運動? 勉強? 遊び? 色々考えたときに、最終的に『地元が好きだな』って思ったんです。地元は大分なんですけど、大分のためなら頑張れるかなって。でも、地域創生とか地域活性化とか、なにも分からなかったので調べていたら、この日南の油津商店街が出てきて(笑)。熱いな、俺もここに行かなきゃいけない、って思ったんですよね」

当時の店長は、現役の名大生だった奥田慎平さん。彼が初代。ちょうど2代目を決めなきゃいけない、という話し合いの場にいたのが、夏休みの間に住み込みで働いていた井上さんでした。

「2代目どうしよう、やっぱり学生がいいよな、ってみんなで話し合っている場の、まさにカヤの外で聞いている感じでした。他人事だけど他人事じゃないような、だんだんそわそわしてきて『あ、俺やりたいんだな』って自覚したんです。ミーティング終わりにすぐに奥田さんのところに行って『僕にやらせてもらえないですか?』って相談しました」

もちろん、勢いだけで継続していくのは難しい。ある意味、多角ビジネスだし、経営者的な目線も求められる。それでも、普通の学生生活では得られなかったような体験ができている、と井上さん。

「僕自身も初めてだったし分からないことだらけだったけど、すごく勉強になりました。3代目もぜひ、学生にやってほしい。その習慣をつないでいくことが僕にとっての成功だし、最大のミッションだと思っています」

当初は、“野球ファン”が集まる場所として立ち上がった「fan!」も、今では、日南ファンや油津商店街のファンをも集めるゲストハウスになりつつあります。

 

井上さんのポジティブさに、なんだかとっても元気がもらえたような気がしました。

fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL

住所:宮崎県日南市岩崎3-7-26
TEL:0987-55-5666
料金:
男女共用ドミトリー(8人)1人1泊2,500円〜
女性専用ドミトリー(8人)1人1泊2,500円〜
シングル 1人1泊4,200円〜
クイーン(1〜2人) 1人1泊5,200円〜
ファミリー(2〜4人) 1泊8,000円〜

Facebook)(Instagram)(Twitter

※店長に興味がある人は「bar.hostel.fan@gmail.com」までメールでお問い合わせを。

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
福岡の都心部に存在するオアシス、大濠公園からほど近く。大手門に2017年6月にオープンしたゲストハウス「STAND BY ME」の入り口には、「生ビール ...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。バブルの時期は日本有数の賑わいを誇り、毎日がお祭り...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は...
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
地元に思いを寄せ、写真を撮り続けた夫。そんな夫の意思と写真を引き継ぎ、地元を訪れる人たちのために、妻は「ゲストハウス」をつくった。「はなれ」は、徳島県那珂...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
全長10.9kmの東急池上線は、都内にありながら昭和時代の風情が残る路線だ。都内に住んでいてもなかなか足を運ぶ機会はないエリアだが、その沿線には、「池上本...
世界各地の人々が、それぞれの国歌をワンフレーズだけ歌い、リレー形式に次の人へとつないでいく『The Anthem』を紹介します。ここでは、National...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
シーガイアが、新しく生まれ変わったそうです。これまでも日本の屈指のリゾート、宮崎を堪能する場所として愛されてきた「フェニックス・シーガイア・リゾート」です...