知っておきたい宮崎県「日南」の人気スポット10選

かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、県南にある「日南市」

きれいな海岸線や歴史的な建造物があるだけでなく、地方創生の新しい取り組みに積極的な街として注目されています。そんな日南を旅するときに押さえておきたいスポットを紹介しましょう。

01.
南国への入り口
「日南海岸」

「日南海岸」は、晴れた日には欠かすことのできないスポット。広々とした太平洋を、ドライブしながら眺めることができます。

また、波打ち際にある「鬼の洗濯板」と呼ばれる珍しい岩も、この海岸線ならでは。さらに、南国感を演出するフェニックスの木が、常夏の雰囲気を醸し出してくれるのも特徴的です。

窓を全開にして、波の音と潮の香りを感じながらのドライブは病みつきになるはず。

02.
日南の経済を支える
「堀川運河」

戦前はマグロや飫肥杉で栄えた、港町油津。さらに前の室町から江戸時代にかけては、海上交通の戦略拠点や琉球、東アジアとの勘合貿易の拠点として、南九州を代表する漁港でした。そんな日南の街の経済を古くから支えてきたのが「堀川運河」です。この運河を通して、船材や建材として用いられていた飫肥杉が油津漁港へと運ばれていたのです。

戦後になって利用される機会は減りましたが、運河の歴史的景観を保存しよう、と市民から声があがりました。そして1992年、映画『男はつらいよ 寅次郎の青春』のロケが行われたこともあり、運河保存や環境美化活動の取り組みが見直されるようになったのです。

かつては経済を支えた堀川運河も、今では市民の憩いの場として使われています。

03.
街を見守るモアイ像
「サンメッセ日南」

太平洋を背に並ぶ、7体の巨大な像。

日南海岸を南下していくと、見晴らしの良い高台に見えてくるのがサンメッセ日南です。ここには、イースター島の長老会から世界で初めて復刻することを許されたモアイ像があります。でも、どうしてこの日南にモアイが…?

イースター島は、1995年にラパ・ヌイ国立公園としてユネスコ世界遺産に登録されましたが、80年代後半までは過去の部族間の争いや地震の被害で、島全体が荒廃していました。そんな状況を見て、日本で「モアイ修復委員会」が結成され、現地で約3年間にも及ぶ修復作業を行なったのです。

その後、長老会は修復チームの希望に応え、イースター島と似た「海を眺望できる景観」がある日南に、モアイ像復刻の許可を出したのです。まるで、街を見守るかのように設置されています。

ちなみに、レストランや岩盤浴などもあり、ドライブ休憩にも使えますよ。

04.
ドキドキな水中観光
「マリンビューワーなんごう」

船上で潮風を感じながら「気持ちいい!」と伸びをする。船旅にはなんとも言えない心地よさがあると思うんです。でもそれが、“水中”にまで降りていくとなったら…。大人でもワクワクするくらい楽しいはず。南郷にある外浦港を出発すると、島巡りや水中観光ができるマリンビューワーなんごうがあります。

なんといってもオススメは、窓越しにできる「水中観光」。魚の群れや海底など、普段なら見ることのできない景色を楽しんでください。

05.
食べ歩き×歴史
「飫肥城下町」

飫肥城下町は、日南を代表する戦国大名の伊東氏が建てた「飫肥城」を中心に広がる城下町。ここでは、歴史を感じる飫肥藩ゆかりの地を、食べ歩きしながら楽しむことができます。

観光案内所で購入できる「あゆみちゃんマップ」には、城下町内にある魅力的なお店が紹介されています。5枚の引換券が付いているので、気になったお店を5つ選んで入ってみましょう。引換券付きマップは1枚700円(商家資料館と旧山本猪平家及び旧高橋源次郎家の入館料も含む)と、お得。

06.
新鮮な海の幸を味わう
「港の駅 めいつ」

日南のご当地グルメのカツオ炙り重を食べるなら、「港の駅 めいつ」へ。

目井津港は、県内有数の近海カツオ一本釣り基地です。その環境を活かした「カツオ炙り重」は市内のいくつかの場所で食べることができますが、ここでは最も新鮮でおいしいカツオを味わえます。営業時間は10:30〜15:00。日南観光のお昼に、寄ってみてください。

ちなみに、伊勢えび定食や日南の新ブランド「美々鯵(びびあじ)」を使った限定メニューも、味わいたい一品。

07.
南国といえば海
「富土海水浴場」

宮崎県内には、たくさんの海水浴場がありますが、「富土海水浴場」も、そのひとつ。

太平洋を眺望できる堀切峠から、車で30分。海上に四角い浮きを連結させてつくったマリンプールが特徴的です。近くにはサンメッセ日南もあり、観光地としても最適な場所にあります。日本の快水浴場百選だけでなく、2011年には環境省が選ぶ「水質が特に良好な海水浴場」にも選出。

砂浜の周りには、ワシントニアパームが並び、南国の雰囲気が漂うビーチですよ。

08.
世界でも珍しいコケの宝庫
「猪八重渓谷」

コケの宝庫「猪八重渓谷

世界には約1,800もの種類があるといわれるコケ類ですが、そのうちの250種類以上が、この渓谷の一帯にあるそうです。ここは、「五重の滝」を中心に20数ヵ所の滝群が点在していて、一定の湿度と温度が保たれていることがコケの生息にも理想的なんだとか。

行くためには車が必要になりますが、森林セラピー効果も期待できるので、普段の疲れやストレスを発散してリラックスしたい人にはもってこいの場所です。

09.
普通の駅が、カープ駅に?
「油津駅」

商店街を抜けると見えてくる、真っ赤な駅。2018年2月に、日本一のカープ駅「油津」が完成しました。

日南市は、1963年から広島東洋カープがキャンプ地として訪れている場所。地元の人たちにとって、「カープのホームは、広島だけじゃない!」という気持ちも強く、2016年から2年連続リーグ優勝と、日南のカープファンを熱くする結果を出しているカープを、もっともっと応援したいという気持ちを込めてこの駅が出来上がりました。

車での観光が多くなってしまう日南ですが、油津駅にはぜひ電車で行ってみたいですね。

10.
開運はあなたのウデ次第
「鵜戸神宮」

鵜戸神宮があるのは、太平洋に突き出た鵜戸崎岬。波に削られてできた天然洞窟のなかに、朱塗りの鮮やかな御本殿があります。

そして、参拝者たちの多くが試すのが「運玉」。海にある亀石と呼ばれる岩の背にある枡形のくぼみに、5円玉ほどの大きさの運玉を投げ入れます。くぼみの大きさ、亀石までの距離と難易度はとても高いですが、見事に命中させることができれば、運をあなたの腕で引き寄せることができるかもしれません。

夫婦円満や安産祈願、縁結びのご利益がいただける、日南屈指の人気スポットです。

取材協力:日南市
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。