旅行の前にチェックしておきたい宮崎県「日南」の5つの魅力

私たちは、日々いろんな街を訪れています。それも、“意外と何も知らないまま” に。そして後々になって「あそこに行っておけばよかった!」なんて後悔したりもするわけです。

ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。

01.
アジアからの観光客が溢れる
「クルーズ船」

4772507999535104

油津港は、東九州で唯一の「ファーストポート」。

平成26年度に行われた港湾整備によって、博多港や長崎港と並んで、16万トン級の大型クルーズ船が国内で最初に入港できる港になりました。2016年の寄港数は17回と、前年の3倍以上に増えたそうです。

中国や韓国、台湾など、アジアからの外国人観光客が数多く利用しています。もちろん、神戸や長崎から出航する国内線も充実しています。

船を降りると大型バスが出迎えてくれて、九州の小京都といわれる「飫肥」の城下町や、日南の美味しい特産品を食べることのできる場所を巡ります。日南の落ち着いた街を楽しんでください。

02.
プロスポーツチームが集まる
「キャンプ地」

年に一度「お目当て」の選手をひと目見ようと、県内外からたくさんの人が訪れます。降水量が少なく、平均気温が15度以上と好条件に恵まれた日南の2月は、シーズン開幕を控えたプロスポーツチームの「キャンプ地」として人気が高いんです。

なかでも、広島東洋カープは、1963年から半世紀以上も地元の日南市天福球場を訪れていて、他にも、埼玉西武ライオンズ、サッカーでは横浜FC湘南ベルマーレがトレーニングを行なっています。暖かな春空のもと、キャンプ地めぐりをするのも人気観光のひとつです。

03.
水揚げ量は日本一
「カツオ一本釣り」

5694127182184448

日南といえば、カツオです。目井津(めいつ)港や外浦(とのうら)港といった漁業の拠点があり、「近海カツオ一本釣り」の水揚げ量日本一の街を支えています。

市内では、カツオのたたきや刺身だけでなく、オリジナルのご当地グルメ「カツオ炙り重」も人気。宮崎ではマンゴーや宮崎牛が有名ですが、海の幸もすごくおいしいんです。日本一の街で獲れる、新鮮なカツオを味わってみては?

04.
おみやげに、箸はいかが?
「飫肥杉」

コケで覆い尽くされた地面に、空に向かってまっすぐ伸びた木々。飫肥城跡の「飫肥杉(おびすぎ)」は、その場に神秘的な空間をつくっています。

400年もの歴史をもつ飫肥杉は、油分が多く耐久性や弾力性に優れていたり、軽くて水に浮きやすいなどの特徴から、かつては木造船を作る木材資源として、漁業と並んで日南市の経済を支えていました

飫肥の城下町を歩くと、飫肥杉で作られた木の手紙やお箸などの特産品が並んでいて、国内外問わず、おみやげにも人気ですよ。

05.
新しく変化したアーケード
「油津商店街」

5267859731120128

古い町並みを活かしながらも、新しく変化を続けている「油津商店街」。2013年からの4年の間に29店舗ものテナントが誘致され、シャッター商店街から “地元の人が集まる場” へと生まれ変わりました。

仕掛け人は、市が月給90万円(市長よりも高額な報酬)で公募し、300人以上のなかから選ばれた、マーケティング専門官。10社以上ものIT企業を誘致するだけでなく、地元住民が「商店街づくり」に携われるようなイベントや場所をつくりました。

レトロなカフェや昔からある商店、新しくできたコワーキングスペースやゲストハウスなど、今でも油津商店街は「行きたい」と思う仕掛けが増え続けているんです。

取材協力:日南市
「とってもFluidな街、日南へようこそ」
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...