地頭鶏×竹炭。宮崎の日南に来たら絶対にハズせない炭火焼「山空」

日南を案内してくれていた人に、2度脅されたんです。

「お店に着いたらケータイは圏外になるので、急ぎの仕事があったら済ませておいてください」

なるほど、それくらい山奥にあるんですね。でも大丈夫。地方取材をしていたら圏外なんて慣れっこです(実際は国道220号線から5分くらいのところにありました)。

5363001980878848

ただ、次に飛び出した脅し文句は、よく聞くフレーズだけどなんだか本気度がすごかったので、一瞬とまどいました。

「あと、今から行くお店の地鶏を食べちゃうと、もう他の鶏肉が食べられなくなっちゃいますけど、大丈夫ですか?」

…。

それは大丈夫じゃない! 普段から鶏肉よく食べるし、フライドチキンもササミも、焼鳥も大好きだし。

でも、そんな言葉が出るくらいの地鶏って、どのくらいおいしいんだろう?

【最初の驚き】
鶏のたたきと白レバー

やってきたのは、宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。

事前情報によれば、超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げるのだとか。

楽しみ!

でも実際は、炎が立ち上がる前の一品料理で早くもノックアウトされたのだから、どうしようもない。

5630898284265472

これ、ネギの薬味につけているわけではなく、大量のネギの下に「鶏のたたき」が隠れているんです。

鮮度抜群の歯ごたえと、甘みのある肉質。タレともよく合います。

5680533073821696

同席していた「レバーが苦手」という女性も、衝撃を受けていたのがこの写真の白レバー。臭みなんて一切なくて、あるのは新鮮で濃厚な味わいだけ。フォアグラとはちがい、この白レバーは偶発的にできるものなので、100羽に1羽、なんて言われることもあります。貴重!

繰り返しになりますが、まだ炎は上がっていません。

【第2の驚き】
竹炭の火力と、ふわふわの地頭鶏

4719712382484480

地鶏の炭火焼と聞くと、宮崎県民の人ですら、黒くて硬くて歯ごたえのあるものを想像するかもしれませんが「みやざき地頭鶏」は、ベツモノです。

生産羽数が少なく、柔らかい肉質と独特の噛みごたえ、さらに旨味があります。

「固くない! むしろ、ふわふわ」

と、驚いてしまいました。火吹きをしてくれた大将いわく、

「地頭鶏は予約をもらった日に合わせて、地頭鶏ランド日南で仕入れて、新鮮なものを出しています。あとはやっぱり、この竹炭が大事ですね。火力と、焼き方でしょうか」

竹炭の火力は木炭の2倍以上で、煙の様子を見ながら一気に焼き上げることが絶妙な食感に仕上げるポイントなのだそう。

【第3の驚き】
イベリコ豚もうまかった!

6667532664569856

不意打ちでした。

ここまでですでに新鮮な地頭鶏のおいしさに衝撃を受けていたわけですが、終盤に出てきたイベリコ豚のバラ肉も絶品で、思わずニコニコ。

鶏肉とはまたひと味ちがう脂の甘みを感じながら、食べ終わったらまた鶏肉が食べたくなってくるからエンドレスです。

コースで出てきた他のメニューも(しいたけやピーマン、鶏肉のウインナー、せせり、手羽、砂肝、最後のおにぎりまで)、絶品でした。

キャンプ中のプロ野球選手がお忍びでやってくる、という話にも納得です。

(※メニュー品目は、コースや仕入れ状況により変わるので、事前にご確認を)

6358037321220096580826728025292846167994631454724741019446804480

ちなみに、食事の相棒には宮崎県日南の芋焼酎「匠蔵(たくみのくら)」をいただきました。香りが良くてクセがなく、いわゆる飲みやすい系だったので、食事をしっかり味わうにはピッタリでした。オススメです。

6617979345174528

他の鶏肉が食べられなくなる……というより、どこに行ってもついここで食べたお肉と比べてしまうので、自分の感動レベルが上がってしまったことは仕方ないな、と諦めます。

コースの予約は、メニューによって2,500円からと、良心的。また行きたいです。

竹炭 炭火焼 山空(さんくう)

住所:宮崎県日南市大字風田2693
TEL:0987-23-7345
定休日:不定休(※前日までの予約が必要)
営業時間:昼・夜(予約時間に対応) 

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
「とってもFluidな街、日南へようこそ」
ここでは、宮崎県・日南市の「旅の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さらに...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。その...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
秋田県北東部、青森・岩手の県境に接する鹿角市(かづのし)。かつては鉱山によって栄えた過去を持ち、現在はきりたんぽ発祥の地とされている。「“たんぽ”は、家で...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...