日本一若いイチゴ農家。日南の「たいぴー」が教えてくれた、百姓の話

すでに色々なメディアでも取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれません。

日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻(※ノリがいい)。

宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず先行販売をクラウドファンディングで募るなど、新しいビジネスモデルに挑戦していました。

面白い人たちがいるなぁーと思いつつも直接お話する機会がなく、今回日南に行くチャンスがあったので、ウワサのいちごファームに突撃してきました。

4539255036575744

「失敗に憧れていたんです」

6499135184175104

1992年生まれのたいぴー(本名:渡邉泰典)は、23歳の時にいちご農家としての人生をスタート。

「順番的には、北郷のまちに住みたい→農業がしたい→作るならいちご、っていう感じで、いちごの優先度が高かったわけではないんです。大学3年生の時に自転車で九州を旅していたら、たまたまこの北郷に来てしまい(笑)、のちの師匠になる南さんという方に出会いました。僕は当時、学生に農業体験を斡旋するサークルの代表をやっていて、どこかで企画できないかなって探していたんですよね」

打診からのスピードはとても早く、半年後には50人の参加者を連れ、1週間のファームステイを実現していたとか。

「4年くらい続きましたね。それをやっているうちに、農家はもちろん、地元の人、役所関係の人と触れ合う機会が増えてきて、その人たちと同じ環境、同じ場所で仕事をしたいなって思うようになったんです。このまちピンポイントですね。北郷に来よう、って」

4911292754165760

身寄りがいるようなUターンではなく、都会で仕事のキャリアを積んでいたわけでもない。やっぱり気になったのは、不安じゃなかったの? ということ。

「ぼく、過去の大きな失敗や闇を抱えている人が好きで(笑)。わりと、なんとかなるかな、失敗したらしたでしょうがない、くらい気持ちでした。むしろ失敗しにきた、というか…。

学生時代にやっていたコーディーネーターも楽しかったんですけど、どこかで “自分の言葉で語れない” もどかしさを感じていました。農家をやるかコーディーネーターを続けるか悩んだときに、コーディーネーターは農家をやったあとからでもできるなって思って」

それにしても、大学を中退して思い切った決断をしたものです。

「以前、千葉の田んぼに入らせてもらったとき、有機栽培でも一般的な栽培でも、畑ってそれぞれの農家の哲学によって絵が変わっていくキャンバスだなって気づいたんですよね。農家はそこに描いていくアーティストだなって。そう考えたら農業ってめちゃくちゃカッコいいって」

100の
生業(なりわい)を作る

6533793959641088

自分たちのことを「現代版 百姓」というたいぴー夫妻は、いちご農家とはちがう顔もたくさん持っています。皿回しやバルーンのパフォーマーとして学校や敬老会を回ったり、学習塾を経営していたり。「くらうんふぁーむ」という屋号も、道化師という意味と、いちごの起点となる王冠の意味と、両方が込められているそう。

「塾って言っても、ぼくは褒めてるだけです(笑)。でもこれってけっこう本質だと思っていて、このまちは小学校から中学校までクラスがひとつとかなんですよ、20〜30人で。低学年のころの学力とか順位がそのまま行っちゃうんですよね、学校からも友達からも親からも『勉強ができない』っていうレッテルを貼られて。でも、できる問題からやって自信をつけてあげて褒めると、どんどん伸びていくんですよ。両親もすごく喜んでくれます。…で、いちご売る、みたいな(笑)」

4626839083417600

このパネルも、プロのチョークアーティストとして活躍する奥さん、茜さんの手によるもの。

茜さん曰く「私生活を切り売りしております」という、4コマ漫画の農家のヨメblogも人気のひとつ。ぶっ飛んだプロポーズ話から移住ネタまで、毎週更新しているんです。

「みんながやらないことを、やる」

6594887587725312

「基本的には、“ないものを作る” っていう考え方です。いちごも、他の農家さんたちがやらないような品種に挑戦したり、パフォーマーの仕事もそうですし、塾も『成績半分以下の子を平均にする塾』にしよう、とか(笑)。自分たちが必要とされていることに挑戦しながら、100の生業で食べていけたらいいなって思ってます」

ただの田舎暮らしへの憧れではなく、都会だけの暮らしがすべてではないし、むしろこのまちでやるほうが価値が高くなるのかもしれない。

—— そんなたくさんの試行錯誤のなかで「百姓」を目指す夫婦に、なんだかヤバいくらいの生命力を感じたのでした。

6244354368733184

くらうんふぁーむ

住所:宮崎県日南市北郷町郷之原乙625-1
TEL:090-9955-8388
E-MAIL:info@clown-farm.com

Facebook)(YouTubeチャンネル「農家物語たいぴー」)

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
「とってもFluidな街、日南へようこそ」
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...