宮崎県日南の人気スポット「鵜戸神宮」のトレッキング的楽しみ方

きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿をお参りする。願いが叶うように、亀石へ運玉を投げ入れる……もちろんそれだけでも日南市の人気観光スポット「鵜戸神宮」は楽しめますが、そこにたどり着くまでの時間も、旅のアクティビティのひとつになるんです。

参拝路の、鵜戸山「八丁坂」を歩く——。これはもはや、トレッキングでした。

 

吹毛井港から神宮の山門までは、800メートル(八丁)ほどの石段が続いていて、夏場ならダラダラと汗が吹き出してくるレベル。かなりの覚悟が必要です。

鵜戸神宮で
登って、下って、また登る

ちなみに八丁坂は、延暦年中(782〜806年)に、尼僧が近くの海岸の磯石を頭にかついで築いたと言われています。やっぱり昔の人はすごい…。

ただ登るだけでもヒーヒー言いながら、でもどこか清々しく、本殿を目指します。

水分補給は、宮崎県民のソウルドリンク「愛のスコール」マンゴー味。

徐々に口数は減り、石段や景色と向き合う時間に。

茶屋で休憩してもいいし、脇目も振らず一気に駆け上がるのもいい。

徐々に、息づかいと、心臓の鼓動しか聞こえなくなって、先にある青い海をまだかまだかと待ちわびます。

そして、最後に下る
「下り宮」

「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。

ここに来るまでにかなり登ってきましたが、最後に下った先に本殿があることは実はとても珍しく、「日本三大 下り宮」のひとつ、なんて言われることも。確かに通常は登った先にありますよね。

激しい荒波が特徴ですが、「青×朱×白」のコントラストは、とてもきれい!

本殿以外にも、安産祈願の「おちちいわ」や、運玉を投げてうまく入ると願いが叶うという霊石「亀石」も、巡っておきましょう。

さらに、ひむかのくにと呼ぶにふさわしい「朝日」もきれいだし、鵜戸崎の南側には、鬼の洗濯板の異名をもつ「鵜戸千畳敷奇岩」もあります。

アクティビティとしての、トレッキングお宮参り。ちょっと鍛えてまた行きたい。

鵜戸神宮

住所:宮崎県日南市大字宮浦3232番地
TEL:0987-29-1001
時間:06:00〜19:00(4月〜9月)、07:00〜18:00(10月〜3月)

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...