宮崎県日南の人気スポット「鵜戸神宮」のトレッキング的楽しみ方

きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿をお参りする。願いが叶うように、亀石へ運玉を投げ入れる……もちろんそれだけでも日南市の人気観光スポット「鵜戸神宮」は楽しめますが、そこにたどり着くまでの時間も、旅のアクティビティのひとつになるんです。

参拝路の、鵜戸山「八丁坂」を歩く——。これはもはや、トレッキングでした。

 

吹毛井港から神宮の山門までは、800メートル(八丁)ほどの石段が続いていて、夏場ならダラダラと汗が吹き出してくるレベル。かなりの覚悟が必要です。

鵜戸神宮で
登って、下って、また登る

ちなみに八丁坂は、延暦年中(782〜806年)に、尼僧が近くの海岸の磯石を頭にかついで築いたと言われています。やっぱり昔の人はすごい…。

ただ登るだけでもヒーヒー言いながら、でもどこか清々しく、本殿を目指します。

水分補給は、宮崎県民のソウルドリンク「愛のスコール」マンゴー味。

徐々に口数は減り、石段や景色と向き合う時間に。

茶屋で休憩してもいいし、脇目も振らず一気に駆け上がるのもいい。

徐々に、息づかいと、心臓の鼓動しか聞こえなくなって、先にある青い海をまだかまだかと待ちわびます。

そして、最後に下る
「下り宮」

「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。

ここに来るまでにかなり登ってきましたが、最後に下った先に本殿があることは実はとても珍しく、「日本三大 下り宮」のひとつ、なんて言われることも。確かに通常は登った先にありますよね。

激しい荒波が特徴ですが、「青×朱×白」のコントラストは、とてもきれい!

本殿以外にも、安産祈願の「おちちいわ」や、運玉を投げてうまく入ると願いが叶うという霊石「亀石」も、巡っておきましょう。

さらに、ひむかのくにと呼ぶにふさわしい「朝日」もきれいだし、鵜戸崎の南側には、鬼の洗濯板の異名をもつ「鵜戸千畳敷奇岩」もあります。

アクティビティとしての、トレッキングお宮参り。ちょっと鍛えてまた行きたい。

鵜戸神宮

住所:宮崎県日南市大字宮浦3232番地
TEL:0987-29-1001
時間:06:00〜19:00(4月〜9月)、07:00〜18:00(10月〜3月)

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
【特集】とってもFluidな街「日南」へようこそ
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...