一本釣りカツオの街、日南で何度でも食べたい漁師めし「鈴之家旅館」

これまで、おいしいカツオを表現するとき、身の厚さやプリプリ感に頼りすぎていた自分に気づきました。でも「一本釣りカツオ」の街、宮崎・日南市の鈴之家旅館で食べた漁師めしは、ちょっと違う。

厚いどころか薄く切ってあるし、特製のタレで漬けにしてあるし、最後にはお茶漬けもいけます。そもそもタレ漬けやお茶漬けにして食べるのは、保存技術が高くなかった、かつての漁師メシの名残なのだそう。とても気になってきたので、さっそく注文してみました。

看板メニューの鈴之家定食、1,200円。

「白メシがとまらない」
とは、このことか

丸い桶に入って出てきた、待望のカツオめし。お刺身やマグロのごんぐり煮(胃袋)もあります。

カツオは、ネギや生姜と一緒に甘辛いタレに漬け込んであって、まずはそのままパクッ。うまい…。思わず白メシをかきこんでいました(ご飯はおかわり自由)。

この日は、季節に合わせて「ハガツオ」という種類が使われていました。

「12〜1月の間、カツオは休漁期に入るんです。一方で、ハガツオは割と沿岸でも獲れますし、3〜4月までは旬なので脂が乗っていておいしいですよ。鮮度の劣化が早いので、ほとんどこのあたりでしか流通しません」

と、店主の鈴木安士さん。

味は絶品なのに鮮度落ちが早く、まとまった量が獲れないといった理由から、スーパーにもほとんど並ばないという「ハガツオ」。大きいものは最大で80cmほどにもなり、身がやわらかくて旨味が強いのが特徴です。

そんなハガツオを白いご飯の上に乗せて、丼ぶり状態にして、おかわりを。

タレこそが
もうひとつの主役

カツオの旨味もさることながら、驚いたのがこの特製タレ。この地方に特徴的な甘みのある醤油をベースに、砂糖や酒、みりん、ゴマなどを合わせたもの。

これがカツオ丼として食べても絶品だし、最後にお茶漬けにしても出汁と重なり合って、うまい。

さらに甘みが増す、という感じでしょうか。

かつおと昆布でひいた上品な味わいの出汁をかければ、最後までサラサラといけます。

目井津港のすぐ目の前にある、地元民にも愛される「カツオめし」。時間帯によっては並ぶ覚悟も必要ですが、何度でも食べたくなる一食でした。

ちなみに、旅館でもありますが、ランチタイムには食事が楽しめます。伊勢えび定食(時価)や、刺身定食(980円)、海鮮丼(1,620円)などもあり。

「鈴之家旅館」

住所:宮崎県日南市南郷町中村乙4898
TEL:0987-64-0015
営業時間:11:30〜13:30(ランチ)
18:00〜20:00(ディナー 要予約)
定休日:第2、第4木曜日

Photo by JAPAN LOCAL
取材協力:日南市
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
油津商店街の復活。飫肥城下町の再生。IT企業誘致や海外クルーズの積極的な誘致など、様々な方法でまちづくりや地方創生に取り組む、宮崎県日南市。人口は約5万人...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿を...
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
心温まる動画をご紹介。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...